203j 大阪民団の支団長と5回の懇談会

大阪民団の29支部の支団長たちと面会し、現場の声を聞く連続懇談会を催しました。一人ひとりに会って話を聞くのが好ましいのですが、諸事情を考慮して5チームに分け、3月5日から31日まで実施しました。 日本の代表的な在日コリアン団体である民団中央本部の下に各都道府県の民団があり、その下部行政単位ごとに支部が設置されています。大阪民団には29の支部があります。 現地の在日コリアンに最も身近に接触してやり取りするのが支部組織であり、そのリーダーが支団長です。ふだん韓国総領事館が接するのは主に都道府県の民団以上の幹部であり、私たちも諸行事や業務で忙しく、支部幹部に会いたくても会う機会を作るのが難しいのです。 こうした状況のなか、現場の司令官ともいうべき支団長に会って話を聞く計画を練り、実施時期は新年度の諸行事が本格的に始まる前と考え、3月初めから予定を組みました。 懇談会では、団員の高齢化、世代交代の難しさ、団員数の減少、ニューカマーとの関係など、予想された問題が噴出しました。単に抽象的にこれらの問題があることを知るのと、現場の生の声を通して問題に接するのとでは大いに異なることを改めて確認しました。 複数の支部では、厳しい状況にあっても高齢者の福祉事業、保育園の運営などの創造的な活動により活気を維持しています。在日コリアン社会にとどまらず、地元の日本人とも良好な関係を築いて堅実に活動している支部もあります。厳しい状況下、行動力のある一人か二人の努力が支部の活性化をもたらしている話を聞き、胸に迫るものがありました。 支団長も久しぶりに総領事館のスタッフとじかに話す機会を得て喜んでいました。そして、韓国政府がより積極的に民団を支援してくれるよう要請しました。時代の変遷に伴い受入れがたい要望もありましたが、それも在日コリアンの格別な祖国愛ゆえだろうと思います。 民団が他の国のコリアン団体と違うのは、ほとんどの支部が自らの会館を持っていることで、ほぼすべての支部がハングル学校を運営していると思われます。さらに格別なのは、日本社会の差別と冷遇のなかで生きてきたために、どの国の国民よりも祖国愛が切実だということです。 すべての問題に現場が答えを出すことはできませんが、現場でなければ見つけられない答えが確かにあることを確認した懇談会でした。

203 오사카민단 29개 지부 지단장과 연쇄 간담회

3월5일부터 오사카민단 29개 지부의 지단장을 만나 현장의 목소리를 듣는 ‘지단장과 연쇄 간담회’를 실시했다. 한 사람 한 사람 따로 만나 얘기를 듣는 것이 최선이겠지만, 여러 사정을 고려해 다섯 팀으로 나누어 3월31일까지 모임을 마쳤다. 일본의 대표적인 동포단체인 민단은 중앙 민단 아래 각 도도부현 민단, 도도부현 민단 밑에 몇몇 행정 단위별로 구성된 지부가 있다. 오사카 민단 아래는 모두…

202j 関西地域の民族学級講師と懇談会

新型コロナウイルス感染が猛威を振るっているいま、万事に慎重たらざるを得ません。行事を催そうとすれば、感染の拡散を誘因しないか心配ですし、かといって何もしないのは、その感染脅威に安易に屈服するようで卑屈に思われます。最近はどんな行事を催すにも、新型コロナウイルス感染の恐れと行事を実施する成果と意義を検討しないわけにはいきません。 3月26日夕刻、関西地域で活躍する民族学級(クラブ)の講師との懇談会を催しましたが、この会を実施すべきか中止するか大いに悩みました。民族教育の重要性に鑑み、生徒を指導する講師に対処能力は十分あると考えて実施しました。当然、会場における座席の間隔を十分確保し、手の消毒、マスクの使用、体温の測定など、万全の準備を施しました。 困難な状況のなか、全50人の講師のうち20人余りが参加しました。はじめに、昨年開発された生徒指導教材「五色の翼3」とハングルを創製した世宗大王(1397-1450)の業績に関するアニメ映像資料を講師が発表しました。各講師の使用教材を収集して共有するためのプラットホーム構築についても発表がありました。 50人のうち常勤講師は16人のみで、多くは講師だけで生計を維持できずにアルバイトを強いられる劣悪な環境にあります。そんな困難な状況のなか時間を捻出して優れた教材を開発した講師たちの情熱と奮闘は驚くべきものです。 教材開発などの発表のあと、隣室に移動して歓談しました。互いに会う機会がない講師の事情を考慮し、会食しながら自己紹介をし、民族教育に携わるなかで感じたことや韓国政府に対する要望を聞く時間を持ったのです。私は次のように述べました。 在日コリアン社会の発展や将来のため民族教育はきわめて重要であり、民族学級の講師のみなさんが民族教育において重要な役割を果たしていることを熟知しています。みなさんの背後に韓国政府があることを信じて業務に邁進してください。 新型コロナウイルスの感染を警戒しながら実施した3時間余りの行事でしたが、実施してよかったと考えています。

202 간사이지역에서 활동하는 민족학급 강사들과 간담회 3/26 개최

코로나19 감염이 극성을 부리고 있는 요즘은 매사가 조심스럽다. 행사를 하자니 ‘감염의 유발자’가 되지 않을까 걱정스럽고, 그렇다고 아무것도 하지 않는 것은 코로나의 위협에 너무 쉽게 굴복하는 것 같아 비겁해 보인다. 여하튼 요즘은 어떤 행사를 하더라도 바이러스 감염 우려와 행사를 통한 성과와 의미 사이를 저울질하지 않을 수 없다. 3월26일 저녁, 간사이지역에서 활동하는 민족학급(민족클럽) 강사들과 간담회를 했다. 이…

201j 新型コロナ対策: 「最大」検査の韓国と「選別」検査の日本

新型コロナウイルスが大阪韓国総領事館の業務にも甚大な影響を及ぼしています。 第1に、パスポート・ビザなどの申請のため総領事館に訪れる人が感染しないように最善をつくしています。出入りする人全員にアルコールによる手の洗浄を案内し、体温を検温しています。民願の受付スタッフも全員マスクをして業務に当たっています。 新型コロナ感染を懸念し外部の活動を自粛しているため、通常1日に約250人いる民願受付の訪問者がほぼ半減しました。訪問者数が減って業務量が減ったと思われるかもしれませんが、そうではありません。感染対策に備えた緊張感を考慮すると、業務量は質的に増大したともいえます。 第2に、日本政府が急きょ3月9日から講じた韓国発の旅行者に対する入国制限措置に伴い、日本に入国する韓国国民の安全と不便の解消に対応する必要があります。韓国から日本への入国者が成田国際空港と関西国際空港の2ヵ所に限定されたので、所管の関西国際空港に出入国する韓国国民の状況を毎日点検しています。11日からは、チェジュ航空だけが仁川と関西国際空港の間を毎日1便往復しています。観光ビザ免除が停止されたため、ごく僅かな人数が出入国している状況です。 第3に、多くの人が集まる行事は実施していません。4月初めまでの行事はすべて延期または中止され、13日に予定していた総領事館の再建工事の起工式も中止しました。各地方の民団主催で開催される3・1記念日の行事も延期され、いつ行われるか未定です。 このような状況にあっても、すべての行事を中止することはできません。11日には関西地域の日韓の学者を招き、感染症などの越境協力をテーマに専門家による討論会を開催しました。ムン・ジェイン大統領は3・1記念日の101周年記念スピーチで新型コロナ問題を取り上げ、非伝統的安全保障(NTS)の脅威に対する両国の協力を提案しました。 日本のマスコミも関心を持ち大きく報道しました。この大統領提案を受けて討論会の開催準備を進めていたところ、安倍晋三首相が急きょ強力な入国制限措置を講じたゝめ、当初の開催企画より大幅に縮小されました。かえって意義深い行事になったとも思われます。 この日の討論会で、参加者たちは専門家と民間を中心とする協力の重要性を強調し、必ずしも根拠がはっきりしない入国制限措置は早く解消されるべきだと指摘しました。私は「新型コロナの国境を越えた世界的な拡散状況に鑑み、世界レベルの協力が最も効果的な対応策」だと述べました。 この日の会議において、ある出席者は現在世界で行われている新型コロナ対策には、中国型・韓国型・日本型の三つの類型があり、いずれの対応が最も効果的か近い将来明らかになるだろうとの見解を述べました。都市封鎖などの完全な統制を主とする中国型、症状のある人をできる限りすべて発見して積極的に検査する韓国型、重症患者を選別して検査する制限的な日本型があります。民主主義体制下において採用できる韓国型と日本型のいずれのほうが効果的か注目されることになるでしょう。 最近は週末の行事がなく、家で新型コロナ関連のテレビ番組をよく見ますが、日本国内では韓国のように調査を積極的にすべきだと主張する人は少数派のようです。大半は医療崩壊を防ぐために選別的な検査方法のほうがよいと考えています。 このような日本の現状が心配されます。時間が経てば明らかになるでしょうが、「最大(多数)検査」の韓国型と「選別(少数)検査」の日本型のコロナ対策のいずれがより効果的な対応策なのでしょうか。 Reuters: How Korea trounced U.S. in race to test people for coronavirus  

201 ‘코로나 19’ 대책: 최대 검사의 한국형과 선별 검사의 일본형

‘코로나 19’가 총영사관의 업무에도 많은 영향을 주고 있다. 우선 여권이나 비자 등의 신청을 위해 총영사관을 찾아오는 손님들이 감염되지 않도록 최선을 다하고 있다. 모든 출입자에게 알콜로 손을 씻게 안내하고, 열도 재고 있다. 물론 민원실의 직원들도 모두 마스크를 쓰고 업무를 하고 있다. 코로나 감염을 우려해 바깥 활동을 자제하기 때문인지, 평소 하루에 250명 정도 민원실을 찾아오던 손님이 절반…

200j 日本政府、韓国からの旅客に3月9日以後「入国封鎖」を実施

新コロナウイルス感染症に関連し、日本政府は3月9日から韓国からの入国旅客に対し門を閉ざしました。事実上の「入国封鎖」といえます。 入国者に対する「14日間の隔離と公共交通機関の利用自粛」を要求し、既に発行したビザを無効にして、90日観光ビザの免除を中断するという高度の封鎖措置を講じました。それでも微小な間隙をぬって入国する人がおり、措置実施の初日、9日には韓国から航空機2便で合わせて11人が関西国際空港から入国しました。韓国国籍者わずか1人に対し取材に現れた記者は20人を超えました。 大阪総領事館は韓国から入国する韓国国民に便宜を供与するため、9日から空港に緊急対応チームを派遣して応対しています。 9日は初日のため状況が予測できない状態のため、2人1組の3チームを配置しました。国民1人に対し6人で応対したことになりますが、巨大な空港に一人で到着した韓国国民が感じたであろう孤立感を思うと、これでよかったと考えています。 今後入国制限措置が解除されるまで、このような状況が続くと思われます。現地の状況を見ながら、人員を調整し対応していく予定です。 10日朝、韓国文化放送のラジオ番組<キムジョンベの視線集中>からインタビュー申込みがあり応じました。関西国際空港の表情と領事館の対応ぶりを説明し、強制力のない「14日間の隔離と公共交通機関の利用制限」要求を「阿吽(あうん)」方式の措置とする日本国内の批判や後手に回った入国制限措置と限定的なPCR検査体制に対する世論についても伝えました。

200 일본 정부, 3월9일부터 한국에서 들어오는 여객에 대한 ‘입국 봉쇄’ 실시

‘코로나 19’ 감염 사태와 관련해, 일본 정부가 3월9일부터 한국에서 들어오는 문을 틀어막았다. 사실상의 ‘입국 봉쇄’라고 할 만하다. 입국자에 대한 ’14일 격리 및 대중교통 이용 자제’ 요청, 기존 발급 비자 무효, 90일 관광비자 면제 중단이라는 고강도 봉쇄조치를 취했지만, 그래도 아주 작은 틈을 뚫고 입국하는 사람이 있다. 첫날인 9일엔 한국에서 두 편의 항송기로 모두 11명이 간사이공항을 통해…

오사카 통신 大阪コリア通信 総目次

多くの読者のご支援により 오사카 통신 と大阪コリア通信は 200号を迎えます。この機にすべての見出しを一挙に掲載します。 오사카 통신 001-200 大阪コリア通信 001-200

199j コロナ19以前・コロナ19以後

<コロナ19>感染拡大の問題が世界を揺るがしています。日本も大阪も例外ではありません。 <コロナ19>の防疫を戦闘に例えれば、これこそ新しい強敵との戦いではないかと思います。対抗すべき兵器がないという点で新しく、なかなか死なないという点で手ごわい相手であり、目に見えないということでも難敵です。 それでも時間の経過とともに正体が把握されゝば、これまでと同じように、人間の知恵によって退治されるものと信じています。そのときまで被害を最小限に抑制できるよう願ってやみません。 <コロナ19>は日本社会にも多くの変化を及ぼしているようです。後世に振り返ったとき、世界は恐らく<コロナ19以前>と<コロナ19以後>に画期されるかもしれません。 今回の新型コロナウイルスをめぐる状況に対処する日本社会を見て、次の二つのことに驚きを禁じ得ません。 一つは安倍晋三首相が2月28日に記者会見を開き、突如、全国の小中高校に休校を要請したことです。用語は「要請」ながら、首相による全国の小中高に対する事実上の休校命令とみることができます。措置の効果は別として、関連部署との事前調整なしに首相独断でこのような措置を行うことはきわめて異例なことです。 事前に細目にわたるマニュアルを組んだ後、さらに抜け穴がないかを繰り返し確認してから仕事に取り組むのが日本方式ないし日本の長所として知られてきました。でも、今回はまったく違います。今回のことが「石橋も叩いて渡る」式の伝統的な日本の意思決定方式が変わる契機になるのか、個人的に大いに関心があります。 もう一つは日本市民の買いだめ行動です。マスクを生産するためトイレットペーパーの材料がないというデマがきっかけで買いだめが起こったという分析が出ています。2011年の東日本大地震と津波の災害に遭遇しても整然と秩序を守り、対応してきた日本市民を見守ってきた者として衝撃は大きいものです。実際、近所のスーパーを数ヵ所回ってみましたが、棚にトイレットペーパーが残っているところはありませんでした。これも、今回の状況が日本の市民意識を「公共優先」から「各自生存」へと変化させたのか、個人的に関心があります。 少なくとも社会の信頼関係がかなり壊れたことは明らかです。電車の車内で咳をした人がいたからといって非常停止ボタンを押したり、互いに大声を上げて口論したというニュースも尋常ではありません。 <コロナ19>は在日コリアンの社会にも大きな影響を及ぼしています。三一独立記念日は解放記念日とゝもに民団が最も重視している行事です。三一節には全国各都道府県にある地方民団ごとにコリアンが集まって記念行事を開催してきました。しかし、ことしは<コロナ19>の影響で、これらの行事がすべて延期されたのです。当日、大阪韓国総領事館のスタッフもみな地域ごとに分かれて、韓国大統領の祝辞を代読してきた行事なのです。おそらく、三一記念日の行事が当日開催されなかったのは日本の民団史上初めてではないかと思います。 <コロナ19>が防疫以外の分野でも社会全般に多くの変化をもたらしていることを日々体験しています。