177j 龍谷大学国際学部の学生に講義

京都には仏教系の大学がいくつかあります。なかでも最大規模を誇るのが龍谷大学で、学生数は2万人を超えます。1636年に浄土真宗西本願寺に建てられた学寮を母胎とする大学として、歴史的にも日本で最も古いものの一つです。 11月25日、国際学部パク・ヒョングク教授の依頼を受け、学生に講義しました。パク教授の担当科目は「世界と日本の民俗」で、この科目の履修生に話すように言われたのです。 学生数は100人、3年生か4年生が大半です。数ヵ月前に講義依頼を受けたころ、日韓関係はきわめてよくない状況にありました。講義することに躊躇もありましたが、難局にある時こそ若者に会って対話する意味があると考え、受諾しました。幸い、GSOMIA 問題が数日前に妥結され、多少は軽い気持ちで行くことができました。 講義タイトルは「韓国と日本の友好促進のために」とし、準備をしました。はじめに、混壹疆理歷代國都之圖、安重根義士遺墨を龍谷大学が所蔵しており、大谷探検隊がシルクロードで収集した遺物の一部が韓国に残っていることを指摘し、韓国と龍谷大学のあいだに深い縁があることを話しました。さらに範囲を京都に拡張し、古代百済、新羅時代から朝鮮時代、江戸時代の朝鮮通信使、尹東柱、耳塚、浮島丸爆沈事件など、韓国と京都のあいだにはよい面悪い面を含め交流が絶えず続いてきたことを強調しました。 結論として、このように両国は近くて似ている面が多く、あまりにも似ているため誤解しやすい。互いの違いを認めて協力すれば利益が得られる。世界の平和と発展に貢献すべく、国境を越えて連帯していこうという結語で講義を終えました。 講義を始めたとき教室の空気が落ち着かずに心配でしたが、幸い終始集中力を持って聴講してくれました。講義後、学生から質問が一つもなかったら、という心配もありましたが、男女3人ずつ6人の学生が質問してくれました。意外に多くの学生が質問をしたのは、事前に準備しておいた質問した学生に対する副賞が多少なりとも功を奏したのかと思います。 質問の内容も日韓友好のための若者の役割、マスコミ報道の問題、安重根のように日韓における歴史的評価が異なる問題、日韓スポーツ競技時の過剰なナショナリズムの放散、韓国芸能人の自殺問題、ジャーナリスト出身で政府の仕事をしながら感じたことなど、多様で深い内容が多くありました。それだけ若者の韓国に対する高い関心を示すのではと考えながら、気分よく帰途につきました。

177 관계가 어려운 때일수록 젊은이들을 만나 대화해야…

교토에는 불교계 대학이 몇 개 있다. 그중에서 가장 규모가 큰 대학이 류코쿠대학이다. 학생 수가 2만명이 넘는다. 1636년 정토신종 니시혼간지에 세워진 학료를 모태로 시작한 학교로, 역사도 가장 오래된 축에 속한다. 11월25일 이 학교 국제학부 박현국 교수의 초청을 받아, 학생들에게 강연을 하러 갔다. 박 교수는 <세계와 일본의 민속>이란 과목으로 수업을 하고 있는데, 이 수업을 듣는 학생들을 대상으로…

176j 大阪韓国映画祭、イ・スンジェ氏を招き11月22-24日に開催

毎年大阪ではこの時期に大阪韓国映画祭を開催します。ことしも大阪駅近くにあるグランフロント大阪の北館4階ホールにおいて11月22日から24日まで開催されました。 駐大阪韓国総領事館の大阪文化院が主催する行事で、ことし5回目を迎えました。映画祭では主に日本で未公開の映画を上映し、上映作品の監督や主演俳優を招いて観客とのトークショーを開催します。 ことしは「あなたを愛しています」「トック」「ロマン」に出演したベテラン俳優のイ・スンジェ氏をゲストに招きました。私にとっては、90年代初めの人気TVドラマ「愛って何」の雷おやじ役や、1988年にイ・サンス氏とソウル中浪区の国会議員選挙で二転三転の接戦を繰り広げた芸能人出身の政治家として親しみのある方です。 イ・スンジェ氏は、80代半ばとなった今もテレビ・映画・演劇界のほか、大学講師として現役で活躍しています。最近もシン・グ、パク・グニョン、ペク・イルソプなどのベテラン俳優と一緒に世界中を旅するTV芸能プログラム「花よりおじいさん」に出演し、韓国内外の視聴者の人気を博しています。 24日にイ・スンジェ氏と昼食を共にしました。個人的には、26年前に同氏が国会議員だった当時以来でしたが、記憶力ばかりか声の張りも握力も往年と変わらないように見えました。 食事中ずっと、同氏は演技者を中心とする日本の徹底した制作システムと準備態勢を羨まし気に語り賞賛を惜しみませんでした。韓国の若い演技者等に対する苦言もいとわず、一度の成功で舞い上がってそこにとどまることなく、長い活動をするための厳しい努力を怠ってはならないと力説しました。 韓国の俳優は大きくモデル型と演技型に二分できるそうで、現場で観察していると、モデル型は一度の成功に酔ってすぐ消え去るといい、どんな状況でも演技できる技量を育むべきだと強調しました。 韓国で最も古く多くの経験を持つ現役俳優の苦言は、単に映画や演劇などの公演界だけではなく、他の分野にも当てはまる言葉だろうと思います。

176 원로 배우 이순재씨를 초청해 열렸던 오사카한국영화제

매년 오사카에서는 이맘 때쯤 오사카한국영화제가 열린다. 올해도 오사카역 근처에 있는 그랑프론트오사카 북관 4층 홀에서 11월22일부터 24일까지 열렸다. 주오사카대한민국총영사관 오사카문화원이 주최하는 행사로, 올해로 5회째를 맞았다. 행사는 일본에서 미개봉된 중심으로 상영회를 하고, 상영 작품의 감독 및 주연배우를 초청해 관객들과 만나는 토크쇼를 하는 식으로 진행된다. 올해는 <그대를 사랑합니다> <덕구> <로망>에 출연했던 원로 배우 이순재씨가 손님으로 초청되었다. 나한테는 왕년의…

175j 洪性翊氏の半生記『どや、どや、どや』出版記念会

大阪生野区のコリアタウンで韓国の伝統餅(トック)の店としてスタートし、食品企業として成功した徳山物産は日本でもよく知られています。 1948年、済州出身の在日コリアン1世、洪呂杓(ホン・ヨピョ 2010年没)氏がコリアンを対象にトックの製造販売店を始めた事業が、冷麺、トッポッキ、トックなど、いろいろな韓国食材を日本全国の卸・小売商に供給する食品会社へと成長しました。韓国のプルムウォン(Pulmuone)などに技術提供する事業も行っています。 故洪氏の長男、洪性翊(ホン・ソンイク)氏は著名な画家であり、実業家として父親の意志を継いでコリアタウンの活性化にも尽力してきましたが、病気療養のため長いあいだ芸術と実業の現場から離れていました。 11月21日、コリアタウンにあるホン氏の自宅で経営する班家(panga)食工房において、ホン氏の半生記である『どや、どや、どや: 絵のみち食のみち奮闘記』の出版記念会が開催され、コリアタウンの在日コリアンや日本人の知人、日韓の絵画関係者など数百人が参加しました。 単なる出版記念会というよりホン氏のコリアタウン活性化への舞台復帰に意味があると思い、私も力添えしようと出席しました。6月末に大阪でムン・ジェイン大統領と在日コリアンの懇談会が開催されたとき、在日コリアンを代表し、在日コリアンの歴史・文化・生活が深く浸透したコリアタウンの活性化に韓国政府が関心を寄せるよう提案しています。 出版記念会がコリアタウン活性化に沿っていることは確かです。これに先立ち、最近、ホン氏はコリアタウン三商店街会の一つ、中央商店街会の会長に復帰しました。父親に続き、コリアタウンの発展と活性化に多大な関心を持つ彼の復帰が、今後コリアタウン活性化に大きな力になることを期待しています。 現在、日韓関係がよくない状況にあっても1日に1・2万人の日本の若者たちがコリアタウンにやって来て、韓国に行かずにして韓国の味と趣向を楽しんでいます。 ホン氏はコリアタウンの持続可能な発展のために商店街を活性化するだけでなく、植民地時代から日本で唯一の在日コリアン集住地という歴史と文化を踏まえた街づくりの重要性を強調しています。ホン氏の考えに全面的に同感する私自身そう主張しています。 この日、知人代表としてソウルから参加したユンボムモ国立現代美術館長によると、一度引退した画家が20年のブランクを経て活動を再開するのは、世界で類例のないことだそうです。ホン氏の画家としての華やかな復活も期待されます。

175 “도야, 도야, 도야, 그림의 길 식의 길 분투기” 출판기념회

ぬ오사카의 이쿠노구 코리아타운의 떡집에서 시작해, 일본에서 내로라 하는 식품기업으로 성공한 기업이 도쿠야마물산이다. 제주 출신의 재일동포 1세 홍여표씨(작고)가 동포들을 대상으로 떡을 만들어 파는 가게로 시작한 사업이 냉면과 떢복기 떡 등 각종 한국 식자재를 일본 안의 도소매상에게 공급하는 식품회사로 성장했다. 한국의 풀무원 등에 기술을 제공하거나 협력 사업을 하기도 했다. 이 회사의 큰 아들 홍성익씨는 유명한 화가이자 사업가였다….

174j 来年4月に実施される韓国国会議員選挙

2020年4月15日に第21回韓国国会議員選挙が実施されます。 海外に滞在または居住する大韓民国の国民も海外で投票することができます。韓国の在外国民が投票できない状態を違憲とする韓国憲法裁判所の判決に基づき2009年に在外選挙制度を導入しました。[日本の在外選挙制度は1998年公布、2000年実施] 韓国の在外選挙は2012年4月の第19回国会議員選挙から実施され、2012年12月の第18回大統領選挙、2016年4月の第20回国会議員選挙、2017年5月の第19回大統領選挙に続き、今回が5回目になります。 大阪総領事館は選挙準備のため多忙をきわめています。 在外国民が選挙する場合、韓国内に住所がある人は国外不在者申告、韓国内に住所がない人は在外選挙人登録を事前に行う必要があります。不在者投票の場合、選挙のたびに申告しなければならず、在外選挙人は一度登録すれば、それ以後投票できるようになります。ただし、2回連続して選挙に投票しなかったときは再登録が必要になります。 11月17日、大阪総領事館1階の夢ギャラリーに選挙窓口を開き、在日コリアンなどを対象に在外選挙申告と登録を受け付けています。来年2月15日で登録を締め切り、投票は投票日前の4月1日-6日に行われます。 登録の申告と登録は窓口やインターネット http://ova.nec.go.kr のほか、電子メールや郵便でも行うことができます。ただし、投票は必ず総領事館に設置された投票所に来ていただきます。大阪総領事館の管轄区域(大阪府・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県)では、大阪総領事館のほか、京都民団や和歌山民団にも投票所を設置する予定です。 窓口が開設された11月17日の午前中、大阪総領事館の在外選挙管理委員会の委員とともに、私も不在者申告を行いました。国会議員選挙の場合、不在者は選挙区投票と政党投票のいずれも行うことができますが、韓国内に住所がない在外国民は政党投票だけとなります。 2012年に実施された第1回在外選挙後の投票行動をみると、時間の経過とともに投票に対する関心が低下し、国会議員選挙より大統領選挙に対する関心が高く熱する傾向にあります。 民主主義は市民の積極的な参加、とりわけ投票行動によって活性化され支えられます。一人でも多くの在外国民による投票参加を望んでやみません。

174 국회의원선거가 내년 4월15일 실시된다

제21대 국회의원선거가 2020년 4월15일 실시된다. 해외에 체류 중이거나 살고 있는 대한민국 국민도 해외에서 투표를 할 수 있다. 재외 국민에게 투표를 하지 못하게 하는 것은 헌법불합치라는 헌법재판소의 결정에 따라, 2009년 재외선거제도가 도입되었다. 2012년 4월 제19대 국회의원선거 때부터 실시되기 시작해, 2012년 12월 제18대 대통령선거, 2016년 4월 제20대 국회의원선거, 2017년 5월 제19대 대통령선거에 이어 이번이 다섯번째이다. 오사카총영사관도 한창…

173j 人権を柱に! 文化をキーワードに! 多文化共生社会の実現を!

民団大阪本部のオ・ヨンホ団長の<商標>は「多文化共生」です。どこの行事でも、あいさつのたびに「人権を柱に! 文化をキーワードに! 多文化共生社会の実現を!」という標語を欠かさずに繰り返します。時代に即したスローガンだと思われます。 オ団長は実際、居住地の東大阪でさまざまな国籍の外国人と多文化共生運動を展開してきました。その一つ、オ団長ほかを中心に開催してきた東大阪国際交流フェスティバルは11月3日に第24回を迎えました。 昨年3月大阪団長に選ばれたオ団長が大阪民団の事業として始めた行事が「日韓親善の集い: 多文化共生フェスタ」です。昨年10月に第1回を催し、11月11日に第2回を中之島の国際会議場で開催しました。 フェスタの内容と形式は昨年より改善されました。韓国と日本のチームだけだった公演参加者は、ことし、日本のほか中国やベトナム、アフリカのチームが招待され、それぞれ固有の文化を披露しました。公演に先立つ主催者や参加スタッフのあいさつと紹介を最小限に抑えたのも好ましいと思います。多くの文化公演で観客が最も嫌うのが、公演と関係ない長いあいさつのオンパレードだといいますから。 この日のハイライトは、何といっても日本によく知られ多くのファンを持つ「バラードの帝王」ソン・シギョンの公演でした。歌はもちろんのこと、品位があって流暢な日本語で聴衆と共感しました。公演の最後に在日コリアンの多難な歴史に言及し、困難のなか韓国人として生きることに敬意を表した言葉は、多くのコリアンの観客の心に届き、癒やしたことでしょう。 大阪で最大規模を誇る2700席の会場をほぼ埋め尽くした日韓の観客は2時間余り多様な文化と公演を楽しみ、友好を深める又とない機会を得ました。

173 인권을 기둥으로! 문화를 키워드로! 다문화공생 사회의 실현을!

민단 오사카본부 오용호 단장의 브랜드는 ‘다문화공생’이다. 행사에서 인사말을 할 때마다 ‘인권을 기둥으로! 문화를 키워드로! 다문화공생 사회의 실현을!’이란 구절을 빼놓지 않고 반복한다. 시대 흐름에 맞는 구호라고 생각한다. 실제 오 단장은 거주지인 히가시오사카에서 다양한 국적의 외국인들과 다문화공생 운동을 해왔다. 오 단장 등이 중심이 되어 개최하는 히가시오사카 국제교류 페스티발은 올해 11월3일 24회를 맞았다. 지난해 3월 오사카 단장에 뽑힌…