180j 民団婦人会の滋賀県・奈良県本部、創立70周年行事を開催

民団の傘下団体に民団婦人会があります。当初は民団の内部組織でしたが、いまは民団とは別組織で民団婦人会としての活動を展開しています。

民団婦人会は、民団と在日コリアンの諸行事で重要な役割を果たしています。各種行事に積極的に参加するだけでなく、食事を準備するなどの仕事も引き受けています。

民団幹部も、婦人会がなければ、民団や在日コリアンの活動は運営できないと公然と口にします。舞台裏で最も積極的に活発に動いているので、婦人会の会員が活動の前面に出ることは稀(まれ)です。婦人会の活動を見るたびに、厭なことをいとわない「韓国のオモニの力」を感じ、一方でその活動に比べ然るべき待遇を受けていないように感じます。

11月29日と12月1日、民団婦人会の滋賀県本部(イ・ミフイ会長)と奈良県本部(イ・ミョンヒ会長)が創立70周年行事を開催しました。いずれの行事にも参加し祝辞を述べました。

70年という長い年月を経て日本社会の差別と抑圧を穿ち、日本社会の一員として堂々と地歩を固めたオモニたちの労苦をねぎらいました。いま、在日コリアン社会が直面する世代交代が最近の厳しい日韓関係において「オモニの不屈の力」で勝ち抜くべく、先頭に立つよう呼びかけました。

行事には地域と中央の民団婦人会幹部、地域の婦人会幹部だけでなく、日本の地方自治体の長と日韓親善協会関係者などが参加し祝いました。滋賀県の行事には三日月大造知事自ら来場し祝辞を述べました。

祝辞で私は、民団婦人会の業績を称え、その役割に頼むとともに、最近妥結された韓日軍事情報保護協定 GSOMIA に言及しました。在日コリアンがメディアに一方的に出てくる偏向報道に振り回されないことを望み、参加者が GSOMIA に関する韓国政府の意向を直接聞きたいだろうと思ったからです。

GSOMIA に関する部分は事前に作成して送った原稿にないので、韓国語とともに日本語に通訳して伝えました。

「最近、日韓関係が悪化しているなか、11月22日、日韓政府はこれ以上の関係悪化は望ましくないという共通認識の下、互いに一歩譲歩して協定を維持することを決定しました。これで一つの大きな節目を越えたと思います」

「日韓のマスコミは、今回の妥協でいずれが勝ったなどと、無益な報道を続けていますが、重要なのはどちらか一方が勝つことを問うことではありません。今回の妥協を契機に望ましい日韓関係を築くため、互いに努力していくことだと思います」

このような内容を参加していた在日コリアンや日本の人々は同意し頷きながら聞いていました。

二つの行事にはいずれも終盤に歌の公演などの余興がありました。いつもと同じように、オモニたちは肩を浮かせながらとても楽しげに興じていました。いくつもの苦難と悲しみも乗り越えたオモニたちの力を改めて実感した行事でした。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

close-alt close collapse comment ellipsis expand gallery heart lock menu next pinned previous reply search share star