185j 大阪総領事館の新館、20年3月着工、22年5月に完成予定

大阪総領事館の新築工事を担う建設会社が、ようやく前田建設工業株式会社に決まりました。同社は売上高(2019年)において日本の建設会社で第9位です。 12月25日、大阪総領事館と前田建設が工事契約を結びました。クリスマスの日の契約は忘れられない日になるでしょう。年を越さずに大きな節目を迎えることができ、肩の荷を一つおろしたように感じます。 契約に基づき、工事は2020年3月15日に始まり、22年5月13日に完成します。完工すれば、大阪の中心部の繁華街、御堂筋通りにあった旧館の位置に地下1階・地上11階の超モダンな建物が出現します。 当初の予定では19年6月に着工、21年末の完工を目標にしていました。ただし、大阪の建設業界の競争が熾烈なため、業者選定に時間を費やし、予定していた工期より遅くなりました。急速に悪化した日韓関係も多少影響したと思われます。 困難な状況にあった70年代初め、十匙一飯という韓国の諺どおり在日コリアンが一丸(いちがん)となって募った資金で建設し、韓国政府に寄贈した大阪総領事館の旧館。契約式に臨んでその歴史を思い起こし、日韓友好を象徴する斬新なビルを建設するよう建設業者に依頼しました。 道頓堀近く御堂筋通りに面した大阪総領事館の旧館は「御堂筋に太極旗を」翻(ひるがえ)すことを願った関西地域の在日コリアンが募金活動を行い建設したものです。1972年11月7日に着工し、74年9月15日に完成した地下2階・地上9階のビルは完成と同時に韓国政府に寄贈され、大阪総領事館として使われてきました。 建設から長年経(た)ち、1995年の阪神大震災で亀裂が生じるなど、建て替えを余儀なくされる状況となりました。韓国政府は在日コリアンが建てた「御堂筋の総領事館」というシンボル性と歴史を考慮して同じ場所に建て替えることにし、18年8月から解体作業を始め、19年2月に解体工事を終えました。 建て替え工事に入ってから大阪総領事館は船場郵便局の近くにある近江ビルの臨時庁舎において業務を行っています。

185 오사카총영사관 신축공사 20년 3월에 시작 22년 5월에 완공

드디어 오사카총영사관 신축공사 사업자가 결정되었다. 건설사는 매상액 기준으로 일본 건설사 가운데 9위인 마에다[前田]건설공업(주)이다. 총영사관과 마에다건설은 2019년 12월25일 공사계약 체결식을 했다. 계약일이 마침 크리스마스 날이어서, 기억하기 쉬울 것 같다. 그리고 해를 넘기지 않고 큰 일을 매듭짓게 되어 마음이 가볍다. 계약에 따라, 공사는 2020년 3월15일에 시작해 2022년 5월13일 끝난다. 공사가 끝나면, 오사카의 가장 중심대로이자 번화가인 미도스지 옛…

184j 日本の若い人たちの驚くばかりの韓国語能力

最近の日本の若い人たちの韓国語能力は驚くばかりです。韓国の映画やTVで日本人が韓国語を話すシーンでは 했습니다[hessmnida] をヘッスム[sumu]ニダと、いかにも日本語ふうに話す、そんな型にはまった描写が見られます。こういう描写はいまや陳腐というべきかもしれません。少なくとも、いま韓国語を学ぶ日本の若い人たちにそういう人はいないようです。 12月22日(日)、民団大阪本部ホールにおいて第13回「韓国語を楽しもう!」高校生大会(大阪韓国教育院・民団大阪本部共催)が開催されました。関西地方で韓国語を第2外国語として選択している日本の高校などの生徒が参加し、韓国語の実力を競う大会です。これまでさまざま行事に多数参加しましたが、韓国語のコンテストは初めてだったので、強い関心をもって参加し、3時間じっくり観察しました。 大会は韓国語部門(スピーチ・朗読など)と芸能部門(ダンス・歌・演劇など)に分かれていますが、いずれも韓国語能力を競うもので、同じ評価基準で評価されます。ことしは、韓国語部門8人、芸能部門7チームで、合わせて15チーム40人が参加しました。部門の性格上、韓国語部門は主に個人参加で、芸能部門はすべて団体参加です。 一人目の参加者が登場して話し出すと、会場がにわかにざわつき始めました。特に民団の関係者が驚いたようです。在日コリアンよりも日本の高校生たちの韓国語のほうがはるかに流暢だと、感心したのです。従来の典型的な日本人の韓国語ではなく、韓国語ネイティブの発音さながらでした。特定チームだけでなく、続く参加者も同じで、これが一般的な傾向であると確認できました。プサン語を取り入れたチームまで登場したほどです。 複数の高校生による発表もありました。教科書で学習した韓国語ではなく、韓国ドラマや映画、Kポップを通して学んだからなのでしょう。Kポップの歌詞や韓国ドラマのせりふを聞き映像を見ながら学んでいるので、発音だけでなく状況適応力が一昔前に本で学んだ人たちと比べ数段上なのです。 韓国語という語学だけを学ぶのではなく、韓国の文化や歴史を理解することに発展し、韓国語の学習が彼ら自身の人生に影響を与えているように思いました。韓国語を学ぶきっかけは、Kポップにはまったり、母親と一緒に韓流ドラマを見たり、修学旅行で韓国に行ったりと、さまざまです。韓国語を学んだことで韓国の大学に留学が決定している人、留学する予定の人、日韓の架け橋の役割を果たしたい人などが少なからずいました。 大阪市立西高等学校3年生の安田朱那さんが最優秀賞を獲得しました。テーマは「言葉の勉強にとって大事なこと」でした。大会には、参加した高校生のほか、指導教師や家族など100人余りの人々が参加し、楽しいムードのなか賞とは関係なく共にひと時を過ごしました。 ここ数年この大会を見守ってきた関係者は、年ごとに日本の高校生の韓国語力が急伸しているように感じると話していました。日本の高校生の韓国語力の伸びを最も喜びつつ、一方で緊張しているのは在日コリアンではないでしょうか。

184 최근 한국말을 배우는 일본 청소년들의 한국어 실력이 보통이 아니다.

요즘 일본 젊은이들의 한국어 실력이 보통이 아니다. 한국의 영화나 텔레비전 등에서는 아직도 일본 사람이 한국말을 하는 장면에 “했스무니다”라는 식으로 표현하는 것이 정형화되어 있다시피하다. 그러나 이런 식으로 일본 사람을 묘사하는 것은 더 이상 통하지 않을 것 같다. 적어도 최근 한국말을 배우는 일본의 청소년들에게는 말이다. 일요일인 12월22일, 민단 오사카본부 강당에서 오사카한국교육원과 민단 오사카본부가 공동 주최한 ‘제13회 한국어로…

183j 日韓親善京都府議会議員連盟の年次総会

12月中旬、忘年会行事も終盤に近づいてきました。 冬のしっとり雨が降る17日の夕刻、日韓親善京都府議会議員連盟の忘年会を兼ねた年次総会に出席するため京都を訪ねました。会場は、京都のなかで最も華やいだ街、祇園の一角にある焼肉レストランでした。途中、雨の降る薄暮のなか道ばたにぶら下がる赤い提灯(ちょうちん)が幻想的な光景を醸(かも)していました。 大阪総領事館の管轄域内にある府県の大半に日韓親善協会があり、大阪府と京都府にはそれぞれ日韓親善府議会の議員連盟があります。京都府議会の日韓議員連盟は1984年12月に設立され、府議会議員60人のうち37人が参加しています。地域の在日コリアン団体と連携してコリアフェスティバルなどの行事を支援し、韓国訪問などの交流活動を推進しています。日韓の政治状況に関わりなく親善友好に尽力する、ありがたい団体なのです。 年次総会は毎年12月に忘年会を兼ねて開かれます。昨年はソウルで開催された公館長会議と日程が重なり参加できませんでした。ことしは必ず参加し、感謝の意を伝えようと以前から決めていたのです。日韓関係が悪化し、この団体の活動が一層重要だったからでもあります。 議員連盟・在日コリアン団体・京都府それぞれの関係者など60人が参加しましたが、日韓関係の悪化などどこに、と思われるほど和気あいあいしたムードに包まれていました。政府間の関係が悪化すると、自治体や民間の関係まで凍りついた従来の形とは異なるまったく新しい形の日韓関係が形成されていると実感します。近くの席の日本人参加者たちも、日韓関係の幅が広がり深さも増して、中央政府間の対立に揺らぐことのない基盤が形成されていると分析していました。まったく同感です。 総会の祝辞で私は、2千年近い日韓関係において圧倒的に長かった友好の歴史を記憶し、互いの違いを深い知恵で克服していけば、来年はさらに良好な二国間関係が形成されるだろうと述べました。来年開催の東京オリンピックに京都出身の柔道選手、在日コリアン3世のアンチャンリム選手が韓国代表として出場することを伝え、2020年の東京オリンピックが日韓市民と在日コリアンが交わる平和の祭典になるよう尽力しようと呼びかけました。 ちなみに、在日コリアン出身選手がオリンピックで金メダルを取ったことはまだないそうです。今回、アン選手が金メダルを獲得し、東京オリンピックにおいて在日コリアン史に新たな歴史を刻むことができたら申し分ないのですが。

183 일한친선 교토부의회 의원연맹 총회 겸 송년회

12월 중순이 되면서 각종 송년회 행사도 끝나가고 있다. 겨울비가 추적추적 내리는 17일 저녁, 일한친선 교토부의회 의원연맹 총회 겸 송년회에 참석하기 위해 교토에 갔다. 교토에서도 가장 화려한 동네인 기온(祇園)에 있는 불고기 식당에서 회의가 열렸다. 가는 길에, 비 내리는 어둑어둑한 밤에 길가에 매달려 있는 빨간등이 환상적인 장면을 연출하고 있었다. 오사카총영사관 관할 부현에는 거의 일한친선협회가 설립되어 있고, 오사카부와…

182j 民族教育を支える二人の在日コリアンに褒章授与

年末の忘年会シーズンは、韓国では褒章授与式の時期でもあります。各部門で優れた業績をあげた人に韓国政府が褒章を授与する行事が集中するためです。[参考までに、韓国の会計(事業)年度は1月から12月です] 10月29日の在外コリアン功労者国民勲章の授与式に続き、12月5日には大阪総領事館で2019年の教育発展功労者賞の授与式を行いました。 大阪総領事館の管轄地域にことしは二人の受賞者がおり、いずれも民族教育に取り組んできた人です。一人は国民勲章冬栢賞の受賞者、京都国際学園のキム・アンイル副理事長で、もう一人は国務総理表彰の受賞者、東大阪市立布施中学校の夜間学級で教えるキム・ドクミ講師です。 キム理事長は、京都国際学園が野球名門校に成長する礎を築いた人です。京都で唯一の韓国系民族学校である京都国際学園の生徒数が100人を割って存亡の危機に瀕し、学校の再興に悩んでいたとき、野球部の創設を推進した人です。 きっかけは1999年6月の新聞記事でした(오사카통신182写真)。 「学校再興」に悩んだ和歌山県立日高高校中津川分校の野球部が分校としては初めて甲子園大会に出場した後、減少していた学生数が増えて活気を取り戻したという記事でした。偶然、記事を目にした瞬間「これだ」と思い、野球部の創設を思いつき推進したそうです。 このアイデアは見事に的中しました。同校の野球部が京都府内で甲子園出場を争うほどの名門野球部に成長してから学生数も増え、学校に対する評価も変わっていったのです。一時は中高合わせて100人以下まで下落した学生数が、今では150人を超えるまでになりました。キム副理事長は道路工事を主な業務とする建設会社を経営しており、運動場の整備をはじめ学校の教育環境改善にも多大の貢献をしています。 もう一人の受賞者、キム・ドクミ講師は1989年、30代の半ばに民族講師として出発し、今まで30年のあいだ大阪府内の在日コリアンが多い学校を回りながら、彼らが韓国人として自覚し誇りを持てるよう、民族教育に貢献して来ました。 民族教育との出会いは、初めて赴任した日本の公立小学校で差別される在日コリアン生徒のために民族学級を作ったときでした。彼らが日本人の生徒にいじめられ、しょげている生徒を目にしたのです。そこで、生徒たちを力づけるため、いつも彼らに笑いかけ、彼らがチャング(長鼓、韓国の伝統打楽器)の音を聞いて元気づけられるようにと、教室のドアをあけてチャングを一緒に叩こうと誘ったそうです。生徒たちの韓国語能力とチャングの演奏力を育むため、困難な生活のなか自費で韓国に渡って1年ほど学院に通ったといいます。 現在、在日コリアンが多く住む東大阪の布施中学校の夜間学級で社会科を教えています。最近、30年前に初めて民族学級で教えた生徒の子が同じ学校の民族学級に通っていると知り、いたく感動したそうです。 キム講師は6月末に開催されたムン・ジェイン大統領と在日コリアンの懇談会で、ハンカチで泪(なみだ)をぬぐう姿が写真に撮られ、有名になりました。懇談会の席上、ムン大統領が民族教育を評価する発言をした際、亡くなった母親が脳裏に浮かび、思わず泪がこぼれたそうです。 お二人の話を聞くにつけ、その業績に比べて褒章の重みがあまりに軽いように思います。在日コリアンの人口が年々減少し、民族教育が危機に瀕しているといわれるなか、今回の受賞者ほか多くの人々の献身的な努力に支えられ、民族教育は多くの困難を抱えながらも維持され発展しています。関係者の労苦にただただ感謝するばかりです。

182 민족교육을 위해 힘써온 분들에게 교육발전 유공자 포상 수여

연말은 송년회의 시기이기도 하지만, 포상의 시기이기도 하다. 정부가 각 부문에서 훌륭한 업적을 이룬 사람들에게 포상을 하고, 이를 받아 전하는 행사가 시기적으로 연말에 몰리게 된다. 오사카총영사관은 10월29일 재외동포 유공 국민훈장 전수식을 한 데 이어, 12월5일엔 2019 교육발전 유공자 포상 전수식을 했다. 포상 대상자는 오사카 지역에서 2명으로 모두 민족교육을 위해 힘써온 분들이다. 국민훈장 동백장을 받은 김안일 교토국제학원…

181j 「ふじのくに」静岡県の対外広報戦略

日本の47都道府県の一つ静岡県は、自らを「ふじのくに」と呼びます。富士山を擁する県(富士山は静岡・山梨両県に属します)の利点を最大限に活用する戦略だと思われます。 川勝平太知事は早稲田大学経済学部(英国経済史専攻)の教授出身で、自然と物産が豊かな静岡県の利点を生かし、国際交流・地方政府交流・文化交流を活発に繰り広げる知事として有名です。大阪にも県事務所「ふじのくに領事館」を設置しており、その職員を領事と呼んでいます。 各国の大使と総領事を毎年招待し、静岡県の文化施設などを見学させ広報する行事も実施しています。12月2日、関西総領事団を招いて第5回静岡県ツアーが催されました。私は昨年に続き二度目の参加です。 ことしの行事は、富士山と駿河湾・清水港・南アルプスを360度パノラマで見ることができる、標高300mの日本平・久能山の頂上に作られた日本平夢テラスと島田市にある茶の都ミュージアムの見学説明会でした。いずれの建物も昨年オープンしたそうです。 韓国の諺に「行く日が市日」というのがありますが、冬の雨が激しく降ったせいで富士山を眺望するスポットとして設計された最初の訪問先、日本平夢テラスでは屋内で説明を聞くにとどまりました。このテラスは2020年東京オリンピックの主競技場設計者である隈研吾氏が聖徳太子と関係深い法隆寺の夢殿をモチーフに設計したといいます。案内員の説明では、夢殿と同じ八角形の屋根にし、静岡産の木材を70%以上使用したそうです。あいにくの天気で外から見ることができませんでしたが、内側から天井を見ると八角形になっていました。このテラスは、昨年11月2日にオープンし、1年で110万人以上が訪れる名所になったそうです。 続いて、島田市のお茶の里ミュージアムを改造し、昨年県の施設として新装開館した茶の都ミュージアムに行きました。室内でお茶の歴史と文化を学び、試飲などをする施設なので、雨に関係なく行事が行われました。周囲には、約1000haという日本最大の牧之原茶畑が広がっています。明治維新で失業した武士たちに仕事を提供するために茶畑を開墾したもので、茶畑の開墾を通じた「ニューディール政策」といえます。静岡県は日本茶の栽培面積の40%、生産量の38%を占め、ミュージアムを作って広報する価値があります。 今回のツアーには元オランダ大使で2011年から静岡県の対外関係補佐官を務めている東郷和彦大使が同行しました。同大使は、朝鮮陶工の末裔で日本の太平洋戦争敗戦時に外相を務めた東郷茂徳氏(1882-1950)の孫に当たります。ツアーで同行しながら日韓関係についても話を交わしました。 雨模様のなか二ヵ所を見学し、午後遅く静岡県庁に行き、川勝知事に会って談笑した後、大阪に戻りました。

181 시즈오카현 주최의 간사이총영사단 초청 현(縣) 투어 행사

일본 47개 도도부현의 하나인 시즈오카현은 스스로 ‘후지의 나라’라고 부른다. 후지산을 끼고 있는 현(후지산은 시즈오카현과 야마나시현 두 현에 속해 있음)의 이점을 최대한으로 활용하려는 전략으로 짐작된다. 가와카츠 헤이타 지사는 와세대대학 경제학과(영국 경제사 전공) 교수 출신인데 이렇듯 자연과 물산이 풍부한 현의 장점을 살려 국제교류, 지방정부 교류, 문화교류를 활발하게 펼치는 지사로 유명하다. 오사카에도 현의 오사카 사무소를 두고 있는데, 사무소를…