168j 時代別に日韓交流を再現する「四天王寺ワッソ」満30年に

11月の第1日曜日の3日、日韓文化交流の場面を時代別にに仮装行列で再現する恒例の「四天王寺ワッソ2019」祭りが大阪市浪速宮跡で開催されました。1990年に始まった行事はことし満30年を迎えました。2001年と2002年には開催されなかったので、今回が28回目です。 日韓の政府関係が凍りついているなか、祭りには日韓の市民が多数参加し、盛況裡に行われました。昨年は日差しが熱く照りつけ苦労しましたが、ことしは太陽が適度に雲に隠れ、最高の祭り日よりでした。 開幕式でムン・ジェイン大統領のメッセージを代読しました。ムン大統領は、6月末の主要20ヵ国首脳会議の際、大阪で在日コリアンと日本の市民が共に参加した懇談会を思い出しながら、双方の国民が互いに理解し配慮しながら築く明るい未来を呼びかけました。 日本の安倍晋三首相は、遺憾ながら、昨年に続きことしもメッセージを送りませんでした。10月24日に来日したイ・ナギョン首相との会談の席上、歴史問題の対立があるなか、さまざまな次元の民間交流の重要性を直接強調していたので、言行一致のためにも今回はという淡い期待が主催者にあったといいます。 ことしは、ムン大統領のメッセージ朗読に続いて、来賓紹介のあと来賓を代表し、山本ステアリング関西大使が来賓挨拶をしました。来年このような「奇妙な」場面が繰り返されないことを望むのは私だけではないように思います。 開会式のあと、時代別の行列を開始する前に行われたミニ歴史劇は、ことし年号が令和に変わったことを念頭に置いたかのように日本最初の元号「大化」の改新(645)を扱っていました。 日韓の各種学校・団体・市民など1000人以上が参加した仮装行列は、神話時代・古墳時代・飛鳥時代・奈良時代・朝鮮時代に分けて2時間続き、観客の関心を引きつけました。 昨年の祭りテーマは「つなぐ」でしたが、ことしは「挑戦する」でした。挑戦せずして新たなことを成就できないという意味を込めたと聞きましたが、最近の日韓関係も念頭にあっただろうと推測しました。

168 시대별로 한일 문화교류 장면을 행렬로 재현하는 사천왕사 왔소 2019 축제

올해도 11월 첫 일요일인 3일, 오사카시 나니와궁터에서 시대별로 한일 문화교류 장면을 행렬로 재현하는 ‘사천왕사 왔소 2019’ 축제가 열렸다. 1990년부터 열리기 시작했으니 올해가 만 30년이 되는 해이다. 그러나 2001, 2002년 두 해를 걸러 축제로는 28회이다. 양국 정부 사이의 관계가 얼어붙어 있지만 축제는 양국의 시민들이 많이 참여한 가운데 성황리에 열렸다. 지난해에는 햇볕이 뜨겁게 내리쬐는 날씨여서 어려움이 있었는데,…

167j 安重根東洋平和論をテーマに国際会議、龍谷大学で開催

京都の龍谷大学は安重根義士が獄中で揮毫した4幅の遺墨を保管しています。 安義士が獄死直前に揮毫した「敏而好學不耻下門」(敏にして学を好み下問を恥じず)など、3幅の遺墨ほか関連資料が1997年に龍谷同大学に寄贈されました。浄土真宗本願寺派が同学を運営していますが、同じ宗派に属す岡山県備中里組の浄心寺住職で龍谷大学の卒業生、津田康道氏が所有していたものを大学図書館に寄託したものです。 2013年4月1日、龍谷大学はこれを契機に社会科学研究所附属機関、安重根東洋平和研究センター(李洙任教授センター長)を発足し、安重根義士に関する研究と学術交流を活発に行っています。これに先立つ2011年3月には、韓国の安重根記念館と学術交流協定を結びました。2015年には遺墨「獨立(独立)」が広島の源船寺(設楽正純氏)から寄贈され、二度に渡って寄贈された安義士の遺墨4幅が、龍谷大学における安重根研究の契機となったのです。 11月2日、京都の龍谷大学響都ホールで第6回の日韓国際学術会議が開かれました。2014年から韓国と日韓で交互に安重根義士をテーマに開催されている日韓国際会議です。今回のテーマは<欧州連合と安重根義士の東洋平和論の関連性>です。韓国から安重根社会崇慕会の金滉植理事長をはじめ関係者が、日本から北東アジアの歴史和解および世界の平和運動に力を入れている小松電機産業の小松昭男代表、東郷和彦前オランダ大使などが主題発表と討論者として参加し、2日と3日の2日間意見交換を行いました。 主催者の招待を受け、私は2日の会議に出席し、次のようにあいさつしました。 日韓関係が難局にあるなか、安重根義士をテーマとする学術会議が6年間継続して行われていることに大きな意義があります。このようりますに困難なときこそ、東洋平和論を提唱した安義士の意思は一層注目される価値があります。今回の学術会議が安義士の未完成の東洋平和論を完成するための貴重な一過程になることを願い、冷えきった日韓関係に温かい風を吹き込む席になるよう願います。

167 류코쿠대학이 보관하는 안중근 의사가 옥중에서 남긴 4점의 붓글씨

교토에 있는 류코쿠대학은 안중근 의사가 옥중에서 남긴 4점의 붓글씨를 보관하고 있다. ‘민이호학 불치하문'(배우는 것에 부지런 하고 묻는 것을 부끄러워하지 않는다는 뜻) 등, 안 의사가 옥사하기 전에 남긴 3점의 붓글씨와 기타 관련 자료가, 먼저 1997년 이 학교에 기증되었다. 정토신종 혼간지파가 류코쿠대학을 운영하고 있는데, 같은 종파인 오카야마현의 조신사(浄心寺) 주지이자 이 학교 졸업생인 츠다 야스미치가 자신이 가지고 있던…

166j 韓国の勲褒章と民主平和統一諮問会議委嘱状の伝授式

10月29日、大阪総領事館の1階ギャラリー<夢>において2019年の在外コリアン勲褒章の伝授式を行いました。また、9月に発足した民主平和統一諮問会議に委嘱された日本近畿地方諮問委員の委嘱状の伝授式も併せて行いました。 1階<夢>ギャラリーは通常あまり使わないスペースなので、昨年末から民族学校と民族学級に通う生徒の美術作品展示場として活用しています。民願室にやって来たコリアンがそこに入って作品を鑑賞し休める場所でもあります。今回、勲褒章と委嘱状の伝授式の会場として使うため、在日コリアン社会と共に行う行事の趣旨にふさわしいムードを演出しました。 ことし、大阪総領事館において勲褒章を受章した方は4人です。年に1人授与される無窮花(ムグンファ)章は前大阪民団々長・現常任顧問の鄭鉉権氏が受賞し、大阪韓国商工会議所の高英寛常任顧問と婦人会京都南京都支部の鄭年子会長が石榴(ソンニュ)章、世界韓人貿易協会(OKTA)大阪支部の白龍奎初代会長が国民褒章を受章しました。[民団大阪ニュース参照] 去る10月5日にムン・ジェイン大統領が出席した世界韓人の日において750万人の在外コリアンの褒章者は合わせて39人でした。その1割を超える4人が大阪総領事館の管轄地域内であり、大変意義深いことです。この日勲褒章を受章した4人は全員が、今回の勲褒章を契機に一層熱心にコリアン社会と韓国に奉仕したいと述べました。 続いて行われた民主平和統一諮問委員の委嘱状伝授式は大阪総領事館の管轄106人のうち70人余りの方が参加しました。生業と多忙な日中の時間にもかかわらず多くの方が参加し、今後の活動に熱意を感じました。今回の第19期民主平統は、女性と青年の参加の大幅な増進を特徴としており、この日もいつもとは違い女性と青年が多く参加しました。

166 재외동포 훈포장 및 민주평화통일자문회의 위촉위원들의 위촉장 전수식

10월29일, 오사카총영사관 1층 갤러리 <꿈>에서 2019년 재외동포 훈포장 전수식을 했다. 아울러 9월에 새로 출범한 민주평화통일자문회의에 위촉된 일본긴키지역 자문위원들의 위촉장 전수식도 함께 했다. 1층 <꿈> 갤러리는, 평소 자주 쓰지 않는 공간이어서 지난해 말부터 민족학교와 민족학급에 다니는 학생들의 미술작품을 전시하는 장소로 활용하고 있다. 민원실에 오는 동포들이 들려 작품도 감상하고 잠시 쉴 수 있는 장소이기도 하다. 이번에 훈포장…

165j Tourism Expo Japan 2019

10月24日-27日、大阪の国際総合展示場インテックス大阪において Tourism Expo Japan 2019 が開催され、後半の二日間は一般公開されました。 この行事は2014年から日本観光振興協会・日本旅行業協会・日本政府観光局が主催する世界最大規模レベルの旅行博覧会です。これまでずっと東京で開催されたのですが、ことし初めて東京を離れて大阪で開かれました。 韓国からも13の地方自治体ほか、ホテル・病院・旅行代理店・航空会社などが大挙して参加し、61のブースを運営して、韓国の魅力を来場者に訴えました。一時、日韓関係がよくないとの理由で多くの機関が参加取り消しを検討する動きもありましたが、最終的にはほとんどの参加申請機関が参加しました。 韓国館のテーマは「こんな韓国ご存じですか」と、リピーターが多い日本人客に新たな観光地を提案し、首都圏だけでなく地方へ旅客を誘導することに重点を置いていました。 一般公開の初日、26日の午後会場に行き、韓国からの関係者を激励しました。日韓関係が難局にあるなか、韓国館は閑古鳥が鳴いているのではと不安を抱きながら会場を訪れましたが、入ってすぐ予想が大はずれだったことを知りました。 誰が見ても韓国館の前がどの館よりも長い行列でごった返していたからです。来場者を迎える自治体ほかの関係者もとても明るい表情をしていました。ある自治体の関係者は「日韓関係が難しい時期に行くのはどうかという話もあったが、ふたを開けてみて、まったくの杞憂だったと実感している」と話していました。 この日の行事を見て、日韓の交流が、政府の関与や制御が難しいほど幅広く、そして深く行われていることを改めて感じました。