173j 人権を柱に! 文化をキーワードに! 多文化共生社会の実現を!

民団大阪本部のオ・ヨンホ団長の<商標>は「多文化共生」です。どこの行事でも、あいさつのたびに「人権を柱に! 文化をキーワードに! 多文化共生社会の実現を!」という標語を欠かさずに繰り返します。時代に即したスローガンだと思われます。 オ団長は実際、居住地の東大阪でさまざまな国籍の外国人と多文化共生運動を展開してきました。その一つ、オ団長ほかを中心に開催してきた東大阪国際交流フェスティバルは11月3日に第24回を迎えました。 昨年3月大阪団長に選ばれたオ団長が大阪民団の事業として始めた行事が「日韓親善の集い: 多文化共生フェスタ」です。昨年10月に第1回を催し、11月11日に第2回を中之島の国際会議場で開催しました。 フェスタの内容と形式は昨年より改善されました。韓国と日本のチームだけだった公演参加者は、ことし、日本のほか中国やベトナム、アフリカのチームが招待され、それぞれ固有の文化を披露しました。公演に先立つ主催者や参加スタッフのあいさつと紹介を最小限に抑えたのも好ましいと思います。多くの文化公演で観客が最も嫌うのが、公演と関係ない長いあいさつのオンパレードだといいますから。 この日のハイライトは、何といっても日本によく知られ多くのファンを持つ「バラードの帝王」ソン・シギョンの公演でした。歌はもちろんのこと、品位があって流暢な日本語で聴衆と共感しました。公演の最後に在日コリアンの多難な歴史に言及し、困難のなか韓国人として生きることに敬意を表した言葉は、多くのコリアンの観客の心に届き、癒やしたことでしょう。 大阪で最大規模を誇る2700席の会場をほぼ埋め尽くした日韓の観客は2時間余り多様な文化と公演を楽しみ、友好を深める又とない機会を得ました。

173 인권을 기둥으로! 문화를 키워드로! 다문화공생 사회의 실현을!

민단 오사카본부 오용호 단장의 브랜드는 ‘다문화공생’이다. 행사에서 인사말을 할 때마다 ‘인권을 기둥으로! 문화를 키워드로! 다문화공생 사회의 실현을!’이란 구절을 빼놓지 않고 반복한다. 시대 흐름에 맞는 구호라고 생각한다. 실제 오 단장은 거주지인 히가시오사카에서 다양한 국적의 외국인들과 다문화공생 운동을 해왔다. 오 단장 등이 중심이 되어 개최하는 히가시오사카 국제교류 페스티발은 올해 11월3일 24회를 맞았다. 지난해 3월 오사카 단장에 뽑힌…

172j 第11回韓国・関西経済フォーラム、大阪総領事館単独で開催

大阪総領事館は2008年からほぼ毎年、近畿経済産業局と共同で韓国・関西経済フォーラムを開催し、ことし11回目を迎えました。大阪総領事館が経済分野で最も力を入れている年次行事です。 そのフォーラムに今回は準備過程で問題が生じました。近畿経済産業局が共同開催できないことを明らかにしたのです。政府間の関係悪化のため中央政府レベルの動向が反映されたものと推測するしかありません。 10月22日、新天皇の即位を祝う使節として来日したイ・ナギョン首相と安倍晋三首相との会談の席上、安倍首相が対立とは別に民間交流は活発にしなければならないことを直接強調していたので、あるいは流れが変わるのではないかという期待もありましたが、近畿経済産業局の態度は揺らぎませんでした。 縷々検討した末、近畿経済産業局の共催参加がなく、たとい大阪総領事館の単独開催となってもフォーラムを実施することにしました。いかなる困難があっても活発な交流と協力を望む日韓の経済人や企業の期待を後押しし、彼らが望むムードを作ることが重要だと判断したからです。 こうした曲折を経て、11月6日に大阪総領事館の単独主催による第11回韓国・関西経済フォーラムが開かれました。開幕まではフォーラムがきちんと進行できるか心配でしたが、開けてみると、やはり単独であっても中断せずに開催してよかったと感じました。 今回のフォーラムは、最近の日韓関係を反映して、<日韓関係の悪化が韓国・関西経済にもたらした影響>をテーマにしました。 「日韓経済の現状と課題」若林厚仁(日本総合研究所関西経済研究センター長)、「第4次産業革命時代における日韓協力方案」ヨム・ジョンスン(明治大学専門職大学院兼任講師)、「関西進出韓国企業の最新動向」キム・ジョンウ(KEBハナ銀行大阪支店長)、「韓国・関西の民間交流発展の見通し」イ・ヨンスク(関西国際大学経営学科教授)らの発表は時宜を得たものでした。これらの発表は、韓国と日本が競争者というより互いを補完する協力者であるという点に集約され、参加者の共感を得ました。 会議場は日韓の企業関係者と経済人150人で埋め尽くされました。時期が時期だけに日本メディアの記者も10人以上取材していました。過去のフォーラムでは見られなかったことです。 フォーラムを終え、参加者は1時間余り軽いビュッフェを楽しみながら交流の時間を持ちました。挨拶を交わした日韓の企業関係者は、現今の困難な時期にフォーラムを開催し、互いに理解し交流できる機会を作ったことに感謝していました。上方の空気は冷たくても下方にはエネルギーが満ちているのです。 内容 発表者(敬称略) 開会の辞 駐大阪大韓民国総領事館総領事 吳泰奎 来賓祝辞 関西経済連合会副会長 松下正幸 日韓経済の現況と課題 日本総合研究所関西経済研究センター長 若林厚仁 第4次産業革命時代における日韓協力方案 明治大学専門職大学院兼任講師(e-corporation.JP代表) 廉宗淳(ヨム・ジョンスン) 関西進出韓国企業の最新動向 関西駐在韓国企業連合会(KEBハナ銀行大阪支店長) 金禎佑(キム・ジョンウ) 韓国-関西民間交流発展の見通し(観光・人材交流) 関西国際大学経営学科教授(リンカイ代表) 李容淑(イ・ヨンスク)

172 한국과 일본은 경쟁자라기보다 서로 보완할 수 있는 협력자…

오사카총영사관은 2008년부터 매년 거의 빠짐없이 긴키경제산업국과 공동으로 ‘한국-간사이 경제포럼’을 개최해왔다. 이 포럼이 올해로 11번째를 맞았다. 오사카총영사관이 경제 분야에서 제일 역점을 두는 연례행사로 자리잡았다. 그런데 준비과정에서 문제가 발생했다. 긴키경제산업국이 올해 공동 개최를 하지 못하겠다고 밝힌 것이다. 정부 사이의 한일관계가 나쁘기 때문에 중앙정부 차원의 기류가 반영되지 않았을까 짐작을 할 뿐이었다. 마침 10월22일 새 천황 즉위 축하사절로 온…

171j 中日新聞滋賀版の特集「誠信の交わり 隣国への思い」

中日新聞は大阪総領事館の管轄である滋賀県にも10万部以上配信しています。9月17日から11月1日、中日新聞の滋賀版が日韓対立に関連した「誠信の交わり 隣国への思い」という特集インタビューを連載しました。滋賀県に住む日本の住民と在日コリアンなど、日韓関係に縁のある15人にインタビューし、日韓における民間交流の重要性と関係改善を望む声を掲載しました。新聞社の人によると、この特集記事は滋賀県内にとどまらず、全国的に反響が大きかったといいます。 この特集の最後の番外編にインタビュー要請を受け、10月23日にインタビューを受けました。そのインタビュー記事が11月5日に三日月大造滋賀県知事の記事と共に掲載されました。交流を通じた互いの差異に関する相互理解としてまとめられ、三日月知事と私の考えは似ていました。私は日韓交流が量から質へ転換しなければならいとして「求同存異」の精神で差異を認めながら、双方の利益になることを探るのが重要だと述べました。三日月知事も人と人が対話を通じて互いを知り学ぶことが重要だと強調していました。 詳細は記事本文をご参照ください↓ 誠心の交わり 隣国への思い(番外編) [中日新聞滋賀版 11月5日記事] なお、日本の新聞は次の3種類に分けられます。 中央紙: 全国に配給する。朝日、読売、毎日、日経、産経新聞 地方紙: 47都道府県の領域に基づいて取材し配給する。 ブロック紙: 韓国にない形態の新聞で、複数の都道府県を含む広域地域を対象とする。北海道の北海道新聞、名古屋を中心とする中部地方の中日新聞、九州地方の西日本新聞など。ブロック域内では中央紙より購読者も多く影響力も大きい。

171 성신교린(誠心交隣) 이웃국가에 대한 생각이란 주니치신문 시가판 특집

일본신문은 세 층위로 나뉜다. 첫번째가 중앙지로, 전국을 대상으로 신문을 배급한다. 아사히, 요미우리, 마이니치, 닛케이, 산케이신문이 중앙지다. 두번째가 지역지이다. 예를 들어, 일본에는 47개 도도부현이 있는데 각 지역을 기반으로 취재하고 배급하는 신문을 말한다. 세번째가 블록지인데 우리나라에는 없는 형태이다. 쉽게 말하면 몇 개의 도도부현을 합친 광역지역을 배경으로 하고 있다고 보면 된다. 블록지는 홋카이도의 홋카이도신문, 나고야를 중심으로 하는 중부지역의…

170j 長い日韓交流史のなか悲痛の時期を代表する耳鼻塚

11月6日、京都の耳鼻塚で第13回耳鼻塚慰霊祭が催されました。韓国の社団法人キョレオル活動国民運動本部が2007年から毎年開催している行事です。[参照: 大阪コリア通信091j] 追悼の辞のため、私は昨年に引き続いて参加しました。雲ひとつない照りつける陽ざしの強さは昨秋と変わりません。変わったのは日韓の政府関係がさらに悪化し、キョレオル活動国民運動本部の理事長がパク・ソンギ氏からパク・ジェフィ氏に変わったことぐらいでした。昨年と同じく日韓で約200人が参加しました。 韓国の団体が主催するためか、祭祀は韓国式で行われます。はじめ、式場には日韓対立の影響を受けたかのように重い空気が漂っていましたが、祭祀と献花を終えて直会(なおらい)の部になると、やわらいできました。直会酒に韓国から運ばれたマッコリ、酒肴に祭壇のナツメや干し柿、干し肉などが人々に回されるころになって、ようやく空気が変わりました。 追悼の辞で私は、1600年に及ぶ日韓の交流史には友好の時期も苦痛と悲しみの時期もあったが、友好の時期が圧倒的に長かったことを想起したい。この耳鼻塚は悲痛を代表する一断面であり、先祖がこのように病んだ時期の歴史を記憶しながらも克服してきたことを教訓として現今の対立を克服し、互いによき隣人になりたいと述べました。時期が時期だけに参加者がいつもより私の言葉に耳を傾けているように思われました。 新理事長として今回初めて参加したパク・ジェフィ理事長は、来年から慰霊祭がさらに意味あるものとなるよう内容と形式を検討したいと述べました。来年どのような変化があるか期待されます。

170 교토(京都) 이비총(耳鼻塚)에서 열렸던 제13회 이비총 위령제(慰霊祭)

11월6일 교토의 이비총(미미하나츠카)에서 제13회 이비총위령제가 열렸다. 한국의 사단법인 겨레얼살리기운동본부가 2007년부터 매년 열어오고 있는 행사이다. 나는 추도사를 하기 위해 지난해에 이어 올해도 참석했다. 구름 한 점 없이 쨍쨍한 날씨는 지난해와 다름없었다. 다른 것이 있다면, 지난해보다 한일 정부 사이의 관계가 더욱 나빠졌다는 것, 그리고 겨레얼살리기운동본부의 이사장이 박성기씨에서 박재희씨로 바뀌었다는 정도였다. 참석자들도 지난해와 비슷하게 한일 양쪽에서 200명 정도가…

169j 日韓対立の淵源に遡り日韓関係の望ましい方向を探る

いま起こっている日韓対立の淵源はどこにあるのでしょうか。双方の指導者の個人的性向や両政府間に横たわる政策と戦略の齟齬に由来するのでしょうか。あるいは、もっと根源的な要因があるのでしょうか。 日韓対立の深さと解決の喫緊性を論じる人や議論する場は多いのですが、紛糾の根本的な原因を探り、さらにそれにもとづいて問いを発する人はきわめて稀です。 紛糾の淵源を遡って探るとき、日本の朝鮮植民支配が適法だったのか違法だったのかという論点を避けることはできないと思われます。1950年から14年余りかけて行われた日韓国交のための交渉過程においても、(韓国併合が)不法だったとする韓国の主張と、合法だったとする日本の主張は平行線のまま結末を付けられず、互いに(自国の都合に応じて)有利に解釈し、論点はぼかしたままです。 最近、強制動員労働者の(訴えに対する)韓国最高裁の慰謝料賠償判決が契機となって浮上した日韓の対立は、こうして曖昧に処理された問題が明らかにされ、今や避けられないものとなったと解釈することができます。 大阪総領事館は日韓対立の現象(表層)ではなく、その本質について在日コリアンたちと勉強するため、11月5日、植民地化の過程における適法性の研究に傾注しているソウル大学の李泰鎮名誉教授(韓国史学)と戸塚悦司弁護士をお招きし、<日韓対立の根源的な原因と望ましい日韓関係の方向>をテーマにシンポジウムを開催しました。 李泰鎮名誉教授は、1980年代末にソウル大学の奎章閣院長に就任したことを契機に、奎章閣に保管されていた資料などをもとに1905年の乙巳条約、1910年の併合条約が条約の形式や手続きを備えていないことを実証しました。戸塚弁護士は日本側の史料と国際法としての検討を通じて、李名誉教授の研究をさらに進展させました。[参照: 李泰鎮「吉田松陰と徳富蘇峰」] お二人の具体的な主張については、発表論文と著作を参照していただくのが適切かと思われます。便宜上、お二人の研究を要約すると、日本の植民地支配(1910-45)は当時の国際法に反するだけでなく、最小限の形式も備えていないため、当時の条約は無効であることになります。 シンポジウムにおける議論の過程でも出てきた話ですが、そうだとしたら、今後この問題をどのように解決していくのでしょうか。お二人は、時間を尽くして長期的に解決されなければならない、ということで一致しました。他方、戸塚弁護士は国際司法裁判所に判断を委ねて解決するのがよいということに比重を置いています。李名誉教授は、明治維新以後、日本は大きな侵略戦争だけでも5回引き起こしており、なおかつ、日本がこれらの侵略戦争時代を美化しているところに問題の所在があるとし、日本のこのような認識を変えない限り真の和解は難しいと述べました。 4時間に及ぶ決して易しくはないテーマのシンポジウムに約150人が参加し最後まで集中して傾聴していました。この点だけでもシンポジウム開催は大きな意味があったと思います。                                                                                          …

169 애매모호하게 처리된 문제가 이제서야 피할 수 없는 식으로 드러난 것이다

지금 벌어지고 있는 한일 갈등의 뿌리는 어디인가. 양국의 지도자의 개인 성향, 또는 양국 정부의 정책과 전략의 어긋남에서 오는 것인가. 아니면 더욱 근본적인 원인이 있기 때문인가. 한일갈등의 높은 수위와 해결의 시급성을 논하는 사람이나 자리는 많지만, 갈등의 근본 원인을 짚어보고 따지는 경우는 매우 드물다. 하지만 갈등의 뿌리를 찾아 거슬러올라가다 보면, 일본의 조선 식민지배가 적법한 것이었는지 불법적이었는지에 관한…