133j チョ・スミと共に、大阪に響いた日韓のハーモニー

韓国が生んだ世界的な声楽家チョ・スミ(Sumi Jo)が大阪の地に立ち、大阪NHKホールは日韓友好のるつぼと化しました。

6月28-29日のG20大阪サミットを控え、大阪韓国文化院は5月17日に大阪NHKホールで「チョ・スミと共に、大阪に響く日韓ハーモニーのメロディー」を開催しました。韓国の京畿(キョンギ)フィルハーモニー管弦楽団との共演でした。

政治的に凍てついた日韓関係の現状にあって音楽を通して両国のハーモニーを図ろうという趣旨で企画した公演事業です。公演は大成功裡に終わりました。

1300席の座席が瞬く間に満席となり、終了時の夜9時半になっても、興奮さめやらぬ聴衆が席を立つのをためらうほどでした。とりわけ、チョ・スミが最後にアンコールで披露した二曲が観客を魅了しました。一曲はピアノ伴奏で日本語メモを見ながら歌う沖縄民謡「花」(参考: Rimi Natsukawa)でした。もう一曲「日韓の友好を願う」では、英語によるあいさつの後、ラデツキー行進曲(参考: 小澤征爾指揮ウィーンフィル新春コンサート)を歌い、聴衆も手拍子で参加してホール全体が、アイドルグループの公演会場さながら熱く盛り上がりました。

韓国の伝統楽器へグム(奚琴)と日本の伝統楽器尺八の共演も感銘深いものでした。近くにいた日本人参加者も本当にすばらしい公演だと異口同音に賞賛していました。

日韓の国家間にいかなる政治的対立があっても、日韓の文化には相通じる「しっかりした基盤」があることを痛感した一夜でした。この夜、日韓市民の連帯と友好ムードを引き出した最大の立役者はカリスマ溢れるチョ・スミとすばらしい演奏を披瀝した京畿フィルと日韓の音楽家たちでした。

One Reply to “133j チョ・スミと共に、大阪に響いた日韓のハーモニー”

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s