107j 「世界」2月号に掲載された慰安婦問題のインタビュー

最近発売された総合雑誌「世界」2月号に私のインタビュー記事が掲載されています。タイトルは「慰安婦問題の隘路(あいろ)をどう進むか」で、特集2「戦争の記憶と向き合いつづける」に組み込まれています。 雑誌編集の特性のため、昨年10月31日にインタビューした内容が、2月号(1月上旬発売)に掲載されます。インタビュー前日に韓国最高裁の強制動員労働者判決が出ていますので、インタビューは微妙な時期に行われました。ムン・ジェイン政府の慰安婦政策が日本の人々に正しく理解されていないと考え、インタビューに応じることにしたのです。 「12・28日本軍慰安婦の合意検討TF*」委員長をした者としての責任感もありました。日本の一般市民を対象に、慰安婦問題を捉える現韓国政府の考えを直接伝えることが、この問題に関する日本の市民の理解を深めるのに役立つという考えが何より大きかった、と思います。*taskforce 7ページにわたる長いインタビューのため、慰安婦問題に関連した論点について、比較的詳細に説明することができました。韓国内でいろいろな経路を通じて明らかにした内容であり、このような分量と深みのあるインタビューは日本では初めてなので、記事が掲載された意義は小さくないと思います。 要旨は次のとおりです。12・28慰安婦の合意は、公開された部分だけ見れば一定の成果があったと見ることもできます。ただし、少女像の移転、挺対協の反発の抑制、国際社会における批判の自制、海外の記念碑に対する韓国政府の支援自制などの非公開部分を含む全体を見れば、被害者中心のアプローチでない合意だったのです。そして、日韓はこの問題を国際社会が培ってきた戦時性女性人権問題の解決策に沿って行う必要があると述べました。 日韓間に存在する歴史問題をめぐる対立は、問題の性格上、いっぺんに簡単に解決できるものではありません。日韓間には歴史的な対立に限らず、北朝鮮の核問題をはじめ、協力すべき重要な問題も山積しています。このような対立が暴走しないようコントロールしながら、相互協力の共通分母を育んでいく方法によって日韓の問題を解決していくのが望ましいという意見を述べました。

107 일본 월간지 世界 2월호에 실렸던 위안부 문제에 관한 인터뷰 기사

일본의 대표적인 진보 성향의 월간지 <세카이>와 한 인터뷰 기사가 최근 발매된 2월호에 실렸습니다. 제목은 <위안부 문제의 난관을 어떻게 해쳐나갈 것인가> 입니다. 잡지의 편집 특성 때문에 지난해 10월31일에 인터뷰한 것이 이제야 나왔습니다. 바로 전날이 대법원의 강제동원 노동자 대법 판결이 나온 날이어서, 사실 인터뷰 시점으로는 미묘했습니다. 그러나 문재인 정부의 위안부 정책이 제대로 일본 안에 알려지지 않고 있는…

106j 2019年の仕事始め

きょうは1月4日、日本の公共機関などが2019年の仕事を開始する日です。大阪総領事館もきょうの午前に仕事始めの行事を催し、ことしの仕事を始めました。 一方、出勤途次の商店街はまだ閑散としています。ことしは4日が金曜日なので、会社や商店街は6日(日)まで休み、7日(月)から始めるところが多いからです。総領事館のドアを開けると、すぐ申請業務のため人々が集まってきました。昨年12月31日からドアを閉めていたため、これまで待っていた人々です。 午前9時半、申請受付の職員を除いて、1階のドリームギャラリーに集まり、仕事始めの挨拶を交わしました。昨年までは、職員のほか、在日コリアン団体や企業の代表を総領事館に招いて仕事始めの行事を行っていました。でも、ことしは職員同士だけにしました。実用性と内実を重視する韓国政府の方針、公館の一時的移転に伴う狭いスペースなどを考慮して、そう決断したのです。 仕事始めに関係者を大勢招待するのは、権威主義的な慣行ではないか、という気もしていたのです。とはいえ、例年あったことがなくなるのを寂しいと思う人々もいるでしょう。今後は、従来以上に奉仕する姿勢を徹底することで、このような寂しさを埋めなければならないと思います。 仕事始めの挨拶では、次の3点を強調しました。 ことし6月末に大阪で催される主要20ヵ国首脳会議を遺漏なく支援する 君臨せず人々に奉仕する、総領事館の姿勢をさらに推進する 日韓の友好関係を構築するため、さらに足で飛び回る 仕事始めの挨拶が終わって、昼食時には近くの韓国食堂に調理を頼んでおいた、韓国から運んできたトックを一緒に食べ、韓国の正月の風習である徳談を交わしました。 午後には大阪府・大阪市・大阪商工会議所・関西経済連合会・大阪経済同友会共催の新年会に出席しました。ことし初の対外公式日程です。松井一郎大阪府知事をはじめ、マイクを握ったすべての人々が、2025年の世界博覧会誘致を主な話題にして挨拶しました。 博覧会誘致成功の喜びが関西の政財界を圧倒していることを感じるとともに、関西地域の衰退する経済力を、博覧会を通じて蘇らせてみようという切迫した意気込みも垣間見ました。 内外で行われた二つの仕事始めを通じて、2019年の仕事の準備運動は終了しました。新しい一年と時には闘い、時には歩調を合わせて格闘することだけが残っています。願わくば、その闘技の終わりが笑いであってほしいと思います。

106 2019년 업무를 시작하는 날

오늘은 1월4일, 일본의 공공기관 등이 2019년 업무를 시작하는 날이다. 오사카총영사관도 오늘 오전 시무식을 하고, 올해의 첫 업무를 시작했다. 그러나 출근길과 상점가가 아직 한산하다. 올해는 4일이 금요일이어서, 회사나 상점가는 내친 김에 6일까지 쉬고 7일부터 업무를 시작하는 곳이 많기 때문이다. 그래도 총영사관은 문을 열자마자 민원인들이 몰려왔다. 지난해 12월31일부터 문을 닫고 있어, 그동안 기다렸던 사람들일 것이다. 오전 9시반,…

105j 小泉純一郎著『原発ゼロやればできる』インタビュー

小泉純一郎前首相のニックネームは「変人」です。韓国式にいえば、「変わり者」くらいでしょうか。 私がハンギョレの東京特派員を務めた時期(2001-04年)は、小泉政権の期間(2001-06年)でした。特派員の期間中、彼が唯一人の首相でしたから、彼が主語の記事もたくさん書きました。二回の平壌訪問と日韓共同ワールドカップ開催、その「劇場政治」は未だに記憶に新しいものです。 首相を辞めて10年以上経つにもかかわらず、いまだに彼は 時々メディアに登場します。最近も、彼の弟子ともいえる安倍晋三首相の改憲推進について「できることはしないで、できないことだけしようとしている」と、容赦なく批判したことが報道されました。ここでいう「できること」とは原発ゼロであり、「できないこと」とは改憲です。 小泉元首相は、昨年12月31日にも「朝日新聞」に登場しました。彼の著書 『原発ゼロ、やればできる』に関連したインタビュー記事です。首相在任時代には原発推進論者だった彼が、2011年の3・11東日本大震災以降、原発廃止論者になったことは知っていましたが、その具体的な理由が気になっていました。2014年の東京都知事選挙では、脱原発政策で連帯し、野党系の無所属候補として出馬した細川護煕元首相を応援しています。 インタビューで彼は(首相在任中)経済産業省のいう「原発は安全、低コスト、きれい」ということを信じていたが、すべて嘘だった、といいます。当時、原発が危険だという人もいたが、真剣に聞かずに騙された反省をこめて、日本は原発がなくてもやっていけるということを知らせなければならないと考えた、といいます。 原発が安いという意味は、政府が支援しなければ原発は不可能で、政府が支援せず税金も使わなければ原発のほうが高い、と彼は説明します。原発なしでエネルギーを交換できるか、という質問に対しては、3・11の原発事故から2年原発はまったく稼働しなかったが、停電はなかった、と強調します。 安倍首相にも経済産業省に騙されてはならないと伝えたが、反論せずに苦笑していただけだといい、安倍首相が原発ゼロに打って出れば、すぐムードが一変するのだが、と彼はいいます。このインタビュー記事を読んで、彼の考え方は180度変わっても、変人気質は変わっていないと思いました。 一方、総合雑誌「世界」1月号は、ムン・ジェイン政府の新古里原発5・6号機の建設をめぐる国民的論議のプロセスを批判的に検討した記事を掲載しており、興味深く読みました。筆者の高野聡氏は、日本が学ぶべき教訓として、国民的論議の結果をそのまま政策に受け入れることで賛否両論を過熱させてしまう問題、「歪曲過熱報道」に備えるメディア対策の必要、歪曲された報道を想定した制度設計の必要、一過性でない継続的な国民的論議の必要を提起しています。日本も、原発政策、憲法改正問題など、社会的対立が大きい政策について「熟議民主主義」を実現する可能性があるとしています。

105 고이즈미 전 총리의 첫 저서 “원전 제로, 하려면 할 수 있다”

고이즈미 준이치로 전 일본 총리의 별명은 ‘헨진(変人)’이다. 우리나라 말로 하면, ‘별난 사람’ 정도이겠다. 내가 도쿄 특파원을 지냈던 기간(2001-2004)은 그의 집권 기간(2001-2006)의 부분 집합이다. 특파원 하는 동안 그가 유일한 총리였으니, 그를 주어로 하는 기사도 많이 썼다. 두 차례의 평양 방문과 한일 공동 축구월드컵 개최, 그 특유의 ‘극장식 정치’가 아직도 기억에 생생하다. 그런 그가 총리를 그만 둔…