111j 創立70周年を迎えた大阪商業大学

1月29日、大阪商業大学を訪問しました。2018年初の大学訪問です。昨年は管轄地域にある大規模な大学を訪ねました。ことしは、主に小規模ながら特徴があり実績を持つ「実力派」大学を訪問する予定です。 大規模な大学はほぼすべて訪問しましたし、韓国の立場からは、このような実力派の大学にこそ学ぶべき点がより多いのではないかと思うからです。 東大阪市にある大阪商業大学は学園グループ谷岡学園が経営する大学です。谷岡学園はこの大学のほか神戸芸術工科大学と大阪女子短期大学、高等学校3校と幼稚園を経営しています。 大阪商業大学はことし創立70周年を迎え、経済学部・総合経営学部・公共学部の3学部、地域政策研究科を有する学生5千人規模の大学です。驚くべきことは、この大学の就職率が過去10年以上継続して、90%を超えていることです。 就職率が高い秘訣について、大学の周辺に多くの中小企業がある点と、これらの企業と大学の人的・地域的な連携があると聞きました。谷岡一郎学長によれば、これらは客観的な条件であり、同学独自の教育理念と教育方法の影響が大きいそうです。 社会調査方法論を専攻された谷岡学長は、すべての学生に対し、データに基づいて現象を説明するための学習を課しているそうです。さらに、さらにこうしたデータに基づく研究が現実と合致しないことを知ることで、学生のチャレンジ精神を育成することに尽力しているそうです。このような教育課程を経て送り出された学生たちが地域の企業に就職することで、大学と企業が共存する地域社会を作ることができるのです。 もちろん、この大学も「人口減少傾向のなかで生き残る」という、韓国の多くの大学が直面している悩みを共有しています。韓国の大学よりも先に、こうした問題に直面し悩んできた経験は、韓国の大学にも多くの示唆を与えるという気がしました。 学園創設者の子孫である谷岡学長はまた、日本のギャンブル研究者のなかで最も有名な学者の一人でもあります。大阪商業大学は、学士から博士課程までゲーム・ギャンブルについて学ぶことができる大学としても知られています。 谷岡学長のご夫人も学校法人至学館を運営しており、至学館大学は女子レスリング選手を多く輩出していることで日本でよく知られています。  

111 2019년 첫 대학 방문: 오사카상업대학

1월29일, 오사카상업대학을 방문했다. 올해 첫 대학 방문이다. 지난해에는 지역 안의 규모가 큰 대학을 찾았다면, 올해는 규모는 작지만 강한 대학을 주로 다녀볼 생각이다. 규모가 큰 대학들은 거의 빠짐없이 가본데다, 한국의 처지에서 볼 때 이런 강소대학에서 실질적으로 배울 만한 점이 더욱 많지 않을까 하는 생각이 들었기 때문이다. 히가시오사카시에 있는 오사카상업대학은 학원그룹인 다니오카학원이 경영하는 학교이다. 다니오카학원은 이 학교…

110j 関西・伊丹・神戸空港を運営する関西空港エアポート

1月24日(木)、2019年企業訪問の初の日程として、関西地域の玄関・関西空港を運営する関西空港エアポート株式会社を訪問しました。関西空港エアポートは関西空港、大阪(伊丹)空港、神戸空港を運営する民間企業であり、公社システムで空港を運営する韓国とは業態を異にします。 同社は、日本企業のオリックスとフランスのバンシ・エアポートがそれぞれ40%の株式を持ち合う合弁企業です。社長はオリックス、副社長はバンシ側が引き受け共同経営しています。この日も、山谷佳之社長とエマヌエル・ムノント 副社長のお二人との対談ならぬ鼎談となりました。 同社は関西空港がある空港島にあり、空港と大阪地域を接続する橋が昨年9月に台風21号で被った被害から完全には抜け出せていない状態です。まだいくつかの区間が復旧工事中ですが、3月中には工事を完了するそうです。空港との往復に大きな支障はありませんが、昨年の台風の傷跡がまだ残っています。台風の被害がいかに大きかったか、今さらながら理解できます。 この日の会談でも断然多く、昨年の台風が話題に上りました。空港のほうが被害が甚大でしたが、総領事館も空港閉鎖に伴う対応に苦慮したからです。山谷社長は当時のことを教訓とし、多言語による情報発信、外国公館との協力強化などに努めていることを強調されました。また、関西空港の外国人入国者の30%を占める韓国人旅客のためのサービス強化にも力を入れていると述べました。私は、さらに積極的な情報発信と外国人向けサービス強化の必要を指摘しました。 エマヌエル副社長から二つの質問を受けました。一つは、昨年の台風の後、韓国人の入国者が若干減ったが、これは長期的なものか、短期的なもというものでした。私は、韓国人は災害に非常に鋭敏だが、災害対応システムさえ整えば、長期的に観光客の動向は変わらないだろう、と答えました。 関西空港は、韓国と関西地域をつなぐ最初の、かつ最も重要な接点であるので、より活発に協力することを申し出ました。お二人とも、空港の発展のためにも韓国との関係・協力が重要であることを強調していました。

110 간사이공항, 이타미 공항, 고베공항을 운영하는 민간회사

1월24일(목요일), 2019년 기업 방문의 첫 일정으로, ‘간사이 지역의 관문’인 간사이공항을 운영하는 간사이공항에어포트주식회사를 찾아갔다. 간사이공항에어포트는 간사이공항, 오사카(이타미)공항, 고베공항을 운영하는 민간회사이다. 공사체제인 우리나라와는 다르다. 이 회사는 일본회사인 오릭스와 프랑스의 방시에어포트가 각기 40%씩의 지분을 가진 합작회사이다. 사장은 오릭스, 부사장은 방시 쪽에서 맡아 공동 경영을 하고 있다. 이날 면담에도 야마야 요시유키 사장과 엥마누엘 므낭또 부사장이 함께 나왔다…. 이 회사는…

109j 問題を持続的に解いていく過程こそ人生であり歴史では?

最近の難かしい日韓関係をみるにつけ、複雑な思いに囚われます。専門家の何名かは「史上最悪」とすら表現していますが、いかなる問題であれ最上級の表現を使う人を私はあまり信用しません。知的怠惰か、政治目的のために動員しやすいことが最上級表現を使う所以だと考えるからです。文世光(ムンセグァン)事件や金大中(キムデジュン)拉致事件があった1970年代半ばと比べて、現在の日韓関係がさらに悪化しているかと問われたとき、彼らは果たして堂々と「悪化している」と答えられるでしょうか。 だからといって、私は現在の日韓関係が悪くないというのではありません。いま、日韓関係は明らかに悪い。ただ、悪い内容と質が過去と異なっているのではないか、といいたいのです。 日本のある学者は、これまで日韓の歴史認識の対立は政治(私見では、修辞)レベルで行われたが、昨年の韓国最高裁の「強制労働判決」をきっかけに、法律的なレベルに格上げされた、と言います。私は、この学者の説に同意します。ですから、日韓対立は以前のような政治的妥協で解決するのが難しくなったと見ています。日韓対立がなぜ法的紛争まで発展したかについては、いくつか分析が出ていますが、ここではその詳細は省きます。 最近の日韓対立は以前とは様相が異なるようです。以前は「水面が濁れば下の水も濁る」という言葉のように、政府関係の悪化に伴って一般国民の関係も悪くなるのが普通でした。ところが、最近は政府関係者とメディアが対立の前面に出ているものゝ、民間レベルではあまりそういうふうには感じられない。周囲の何人かの観察もそのようです。この現象を、私は「官冷民温」と呼びたいと思います。官とメディアは熾烈な殴り合いをしていますが、一般市民は淡々というより一層交流が盛んなのですから。実際、2018年に、政府間対立のさなか、1050万人以上が日韓を往来する1千万人交流時代に入ったのです。 なぜこのような現象が生じるのでしょうか。私の仮説は、1)若者と老人の見方の違い、2)相手国を直接経験した人としていない人の違い、3)専門家集団と一般市民の違いによるというものです。もちろん、他の要因も考えられますし、これら三つの要因が複合していることもあると思います。 1月28日付発行の週刊誌「アエラ」に、ちょうどこのような現象を扱った記事を見つけました。私の仮説をすべて満たす記事ではありませんが、日韓対立の最近の様相を理解するのに役立つ記事です。問題をよく理解しなければ解法もわかりませんから。 どこの国や地域にも問題はあります。問題はそれを起こすために表れるのではなく、問題があるから表われるのです。問題を持続的に解いていく過程が人生であり歴史だとするならば、私たちはもっと冷静に謙虚にこれらの問題に立ち向かわなければならないのではないでしょうか。

109 나쁜 한일관계의 내용, 질이 과거와 달라진 것이 아닌가?

최근의 어려운 한일관계를 생각하면 마음이 착잡하고 복잡하다. 어떤 전문가는 사상 최악이라고도 표현한다. 그러나 나는 어떤 문제에서 최상급 표현을 쓰는 사람을 별로 신뢰하지 않는다. 지적인 게으름의 반영, 또는 정치적인 목적을 위해 쉽게 동원되는 것이 최상급 표현이라고 보기 때문이다. 문세광 사건과 김대중 납치 사건이 있었던 1970년대 중반보다 지금의 한일관계가 더 나쁜가 하고 묻는다면, 그들은 과연 “그렇다”고 자신있게…

2019年新年の辞

新年を迎え、過去一年を振り返り、在大阪韓国総領事館の本年の主要事業を整理して、新年の辞を総領事館のサイトに載せました。 以下に再掲します。 http://overseas.mofa.go.kr/jp-osaka-ko/wpge/m_784/contents.do あけましておめでとうございます。赴任していつしか9ヵ月が経ちました。ことしは2年目に入ります。赴任して間もないという言いわけが通用しない時期に入ったわけです。ムン・ジェイン大統領は新春の記者会見で「成果」「体感」という語をひときわ強調しました。私には突き刺さるような言葉に聞こえました。 昨年、韓国内外で驚嘆すべきことがたくさん起こりました。特に、2月のピョンチャン冬季五輪をきっかけに始まった韓半島における平和への動きは三回に及ぶ南北首脳会談と歴史的な米朝サミットへと続き、韓半島情勢を「対立から平和」へ大きく変えるものでした。お蔭で韓国国民と在外コリアンは戦争の恐怖もなく安心して1年を過ごせました。2019年は、韓半島の平和への動きが逆行できない堅固な根をおろせるかどうかを決定する重要な年になるでしょう。いや、そうなるよう、すべての力と心を合わせていかなければならない、と考えます。 昨年はまた、関西に自然災害が特に多い年でした。 6月の大阪地震を皮切りに豪雨、猛暑、大型台風と、いずれも一生に一度経験するかどうかの甚大な災害でした。ことしはぜひ災害がないことを祈ります。連続した大規模災害にもかかわらず、在外コリアンに特に大きな被害がなかったのは不幸中の幸いでした。総領事館の職員・韓国民・在日コリアンの間の緊密な情報網と協力が、これらの困難を乗り越える力になったと思います。 日韓関係にも紆余曲折がありました。首脳間の交流が行われて温かい気運も漂いましたが、年末に強制労働判決等の問題をめぐる対立が浮き彫りになり、寒風が吹いています。他方、民間レベルの双方の来訪者が1千万人をはるかに超え、K-POPとチーズタッカルビに代表される「第3の韓流ブーム」が広がるよいトレンドもあります。 多事多難だった過去1年の業務を振り返りつつ、総領事館として、2019年は特に次のことに重きを置きたいと考えています。 第一に、韓国の国民と日本の市民と手を握り「対立を最小化し、友好と協力を最大化する」ために最大限の力を傾けます。特に、関西地域は古代から日韓の友好と協力の歴史が蓄積された「日韓友好・協力の宝庫」ということができます。この地域の特性を活かし、いかなる政治的対立があっても揺らぐことのない日韓友好・協力関係を構築するために尽力したいと思います。 第二に、昨年から強調してきた「君臨せず奉仕する総領事館」の姿勢と姿をより確固なものにします。提供者でない、消費者である市民とコリアンの立場に立ち、さらに親切で開かれ、腰の低いスタイルで仕事に当たります。「近所のおじさん、おばさん」のように親しみやすい総領事館になるよう努力します。 第三に、本年6月末に大阪で開催される主要20ヵ国(G20)首脳会議が日韓友好を深める契機になるよう最善を尽くし会議運営を支えます。この会議にムン大統領が参加する予定です。韓国の大統領として21年ぶりに大阪に宿泊する貴重な機会です。これを機に日韓の友好・協力にとどまらず、コリアン社会がさらに活性化されるよう精一杯支援したいと考えています。 これらすべてのことは、総領事館の力だけではできません。コリアンと韓国国民、そして日本市民の力を合わせてこそ達成できることです。多くのみなさまのご支援とご指導をよろしくお願いいたします。 2019年1月15日 駐大阪大韓民国総領事館 オテギュ

총영사 인사말 제3신

2019년 새해를 맡아 지난 한 해를 되돌아 보고, 올해 오사카총영사관이 중점적으로 하려고 하는 일을 정리해봤습니다. 주오사카대한민국총영사관 홈페이지(http://overseas.mofa.go.kr/jp-osaka-ko/wpge/m_784/contents.do)에 총영사 인사말에 올려놨습니다. 2019년 새해가 밝았습니다. 부임한 지 어느덧 9개월이 되었습니다. 햇수로 따지면, 2년차에 들어갑니다. 지금부터는 “부임한 지 얼마 되지 않아서”라는 변명이 통하지 않는 시기로 접어들었다고 해도 과언이 아닙니다. 올해 문재인 대통령이 신년 기자회견에서 ‘성과’와 ‘체감’이라는 단어를 유독…

108j 日韓の政府間対立を民間・地方に拡散してはならない

日本地域の総領事館は、1月の前半はさまざまな新年会に出席するため、多忙を極めます。大阪総領事館の担当地域(大阪府・京都府・奈良県・和歌山県・滋賀県)における各民団の新年会も5ヵ所で開かれます。ほぼ同じ時期に各地域の成人式(1月14日が成人の日)もあり、新年会とは別に開催するところが多いのです。 これらの行事が同時期に集中しているので、総領事館スタッフが地域を分担して参加します。ことしは4月の地方選挙と7月の参議院選挙があるためか、政党の新年会も活発です。私は、コリアンが多く住む大阪(12日)・京都(11日)民団の新年会、招待状が届いた公明党大阪本部(9日)と立憲民主党大阪府連合(13日)の新年会に出席しました。 ことしの民団新年会の特徴は、二度の選挙のせいか、日本の各政党の国会議員と地方議員が例年より多く参加したことです。大阪民団の新年会には、韓国からジュスンヨン国会副議長をはじめ、9人の与野党議員らも参加し激励しました。強制労働の大法院判決とレーダー照射問題をめぐる対立で冷ややかなムードになるかと心配しました。ところが、幸いなことに、日韓双方を代表して挨拶する人々の思いは、政府間の対立にもかかわらず、民間レベルの交流協力は揺らいではならない、という流れになっていました。 このような節制ムードが形成された背景には、両国関係をめぐるこれまでの経験を通じて、政府間の対立を民間・地方にまで拡散しても何にもならないという学習効果があるのではないかと思いました。政府間に問題があるのは事実ですが、民間レベルでは昨年1千万人以上が相互往来し、第3の韓流ブームもあって良好なムードにあることを強調し、困難な時こそ、友好・協力のために尽力しなくてはならない、と私は挨拶で述べました。 二つの政党の新年会は、選挙を控え出陣式のようなムードでした。公明党の山口那津男、立憲民主党の枝野幸男のそれぞれの党代表が参加するなか、いずれの大会と二つの選挙に出馬する候補者を壇上に立たせ一人ずつ紹介していました。この地域に強い支持基盤を持つ公明党は約2千人が参加し、その勢力を誇示していました。他方、1年前には事務所すらなかった状態から大阪府連合を作った立憲民主党も、約5百人が会場を埋め尽くす盛況ぶりでした。やはり、記事を通して間接的に接する政治と、現場で目で見る政治は異なって感じられます。

108 한닐 민간 차원의 교류 협력은 흔들림 없이 해야 한다

일본 지역 총영사관의 1월 전반기는 각종 신년회에 참석하느라 눈코뜰새없다고 해도 과언이 아니다. 오사카총영사관은 맡고 있는 지역은 2부3현(오사카부, 교토부, 나라현, 와카야마현, 시가현)이므로, 민단 신년회만 해도 다섯 곳에서 열린다. 여기에 신년회와 비슷한 시기에 성년식(1월14일이 성년의날)도 열리는데, 신년회와 별도로 하는 곳이 많다. 행사가 비슷한 시기에 몰려 있기 때문에 총영사관 직원들이 각각 지역을 나눠 참가할 수밖에 없다. 더구나 올해는…