092j 創立70周年を祝った和歌山県と奈良県の民団地方本部

11月11(土)と12日(日)、在日本大韓民国民団(民団)の和歌山県地方本部と奈良県地方本部が、それぞれ創立70周年を祝い記念行事を開催しました。69周年でもなく71周年でもない、70周年という節目に深い意味があると思います。私もお祝いするため二日続けてそれぞれの行事に参加しました。 大阪総領事館が管轄する大阪府・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県のなかで、和歌山県と奈良県は在日コリアンの数が少ない地域です。そのため、コリアン集住地域の大阪府や京都府に比べ、人的物的に劣悪な環境にあることは否めません。そのような環境にあって70年ものあいだ、在日コリアンを中心に活動を継続してきたことがすごい。だからこそ、盛大に祝うに値するのです。 それぞれの行事の祝辞において私は、70年のあいだ、日本社会の差別のなかにありながら、日本の人々が無視できない堂々たる存在としてコリアンの地位を固められたすべての民団関係者の労苦に拍手喝采を送るとともに、現在の急激な世代交代期において民団がもう一度中心的な役割を果たしてくたるようにお願いしました。 和歌山県の行事では、韓国語スピーチ大会も行われました。また、韓国のポップオペラの公演チーム”ラルーチェ”が韓国と日本の歌を織りまぜて歌い、大いに会場を盛り上げました。衰退ムードのなかで肩を落としていた民団幹部とコリアンも久しぶりに力づけられ喜んでいました。 奈良県の行事には、大阪の民族学校の金剛学園の舞踊団と白頭学院の民俗ノリチームが出演し、すばらしい祝賀公演を披露しました。前者が韓国の優雅な趣を表現したとすれば、後者はエネルギッシュな演技で観客を魅了しました。また、奈良には兵庫県の民団団長を含め、近畿地方2府4県の民団団長がみな参加し、民団の団結した姿を見せてくれました。 いかなる団体も10年ごとの節目の年を重視します。その節目を契機にそれまでの10年を振り返り、次の10年を設計する動機が得られるからです。このような意味において、二つの民団の創立70周年はそれぞれの組織の新たな10年の出発点でもあります。 奈良県民団の行事では、パク・イル大阪市立大学教授が「民団70年の成果と課題」と題して記念講演を行いました。今後の民団の課題として同氏は、次世代の育成、民族学校の維持強化、地方参政権の獲得、多様化する若い世代の結婚、帰化と二重国籍に関する悩みなどを提示しました。民団がこのようなさまざまな課題を克服し、これまでの70年よりもさらに成熟し発展した組織になることを心より祈ります。

092 민단 와카야마현과 나라현의 지방본부 창단 70주년 기념행사

11월 11(토), 12(일)일에 재일본대한민국민단(이하 민단) 와카야마현 지방본부와 나라현 지방본부 창단 70주년 기념행사가 각각 열렸다. 69주년도 아니고 71주년도 아닌, 70주년이라는 의미가 있기 때문에 나도 축하를 위해 연일 두 행사에 참석했다. 오사카총영사관이 담당하고 있는 오사카부, 교토부, 시가현, 나라현, 와카야마현 중에서도 와카야마와 나라 두 지역은 동포 수가 적은 곳이다. 따라서 동포가 밀집해 사는 오사카부나 교토부에 비해, 인적 물적으로…

091j 京都のほか福岡・岡山・鹿児島にもある耳鼻塚

11月7日、京都の耳鼻塚(5月に初訪問)で慰霊祭が行われました。韓国の社団法人キョレオル活動国民運動本部(訳注参照)が2007年に始めたものです。2008年は事情により開催できなかったので、ことしが11回目です。 キョレオル活動国民運動本部のパク・ソンギ理事長など関係者10人余りをはじめ、京都と大阪の民団幹部とコリアン、日本人市民など150人余りが参加しました。大阪総領事館からも私を含めて3人が参加しました。 もう立冬だというのに夏の陽気を思わせる日差しが肌を刺すほどでした。野外で1時間半かけて行われた慰霊祭は、終始厳かな雰囲気のなかで執り行われました。追悼の辞で私は「過去1600年の日韓関係のなかでも、この耳鼻塚ほど悲しく辛い歴史の象徴はありません。私たちが今日このような歴史を追悼するのは、同じ悲劇が二度と起きないようにするためであり、日韓双方の歴史の病の部分を克服し、力を合わせて友好と協力のために進もうではありませんか」と述べました。 この耳鼻塚には壬辰倭乱(1592-98年、壬辰・丁酉倭乱、日本では文禄・慶長の役)の時、日本の侵略軍が戦果を誇示するかのように朝鮮から持ち帰った約12万の人々の耳や鼻が埋まっています、と隣席のパク理事長が説明してくれました。京都だけでなく、福岡、岡山、鹿児島にも、このような墓があるといいます。当時の人口を考慮すれば、想像を絶する悲劇です。 この耳鼻塚の位置もまったく奇妙なところにあります。壬辰倭乱を起こした張本人の豊臣秀吉を祀っている豊国神社から見て下方、左側の低いところに位置しているのです。また、耳鼻塚の墳墓の上には大きな石5個を積んだ塔が置かれています。パク理事長は、秀吉を祀った神社が王座だとすれば臣下が跪くところに耳鼻塚があり、塚の上に大きな石をのせて怨霊が抜け出せないようにしていると話しました。 慰霊祭が行われているあいだ、私はなぜか心が楽になるのを感じました。このように多くの人々が日本で怨霊になったまま埋葬されていることに心を痛め、最近の韓国最高裁の元徴用工に関する判決が引き起こした日本国内の異常な空気が過去の辛い歴史を呼んでいたからです。 過去の歴史の病の部分を教訓に、このような悲劇が二度と繰り返されないようにするためにも、この耳鼻塚の記憶と追悼はずっと続ける必要があると思います。 [訳注] 英文名: Koreaness* Awakening Movement Union、法人によるキョレオルの説明: (1)キョレオルとは我が民族悠久の伝統精神文化に息づく魂であり意識であり脈である。(2)キョレオル活動運動とは民族意識を回復し守り創造する汎国民運動である。(3)キョレオル活動国民運動とは道徳性の回復・生命愛・自然保護・平和守護を徳目とし我が民族の平和統一完遂と世界平和具現をめざす運動である。[*サイト表記のマゝ、造語か]

091 교토, 후쿠오카, 오카야마, 가고시마에 있는 이비총(耳鼻塚)

11월7일은 교토의 이비총(미미하나즈카)에서 위령제가 열렸다. 한국의 사단법인 겨레얼살리기국민운동본부가 2007년부터 시작했다. 2008년은 사정이 있어 열리지 못했다. 그래서 올해가 11번째이다. 한국에서 박성기 겨레얼살리기국민운동본부 이사장 등 관계자 10여명을 비롯해, 교토와 오사카 민단 간부 및 동포들, 일본의 시민 등 150여명이 참가했다. 오사카총영사관에서도 나를 포함해 3명이 참석했다. 절기로는 입동인데도 여름 날씨를 방불하는 따까운 햇살이 피부를 찌를 정도였다. 노천에서 1시간 반동안…

090j 四天王寺ワッソの祭りに祝辞を送らなかった安倍首相

11月4日、大阪の日韓民間人が運営する祭りのなかで最も大きい規模を誇る「四天王寺ワッソ」が難波宮跡で開かれました。 1990年、大阪に住む在日コリアンを中心に始まったこの祭りはすでに27回を数えます。毎年欠かさず開催されていれば、ことしで29回になりますが、2001年と02年の2回はスポンサーの経済的な事情で開催できませんでした。 2003年に主催者側の組織を整備して再開してから今まで脈々と続いています。2003年以後の最大の特徴は、日韓の首脳がこの祭りに祝辞を送っていることでしょう。日韓関係に逆風が吹いても、あるいは波が立っても変わらずに続いてきました。 昨年に続き、ムン・ジェイン大統領はことしも民間交流の重要性を強調するメッセージを送り、私が代読しました。しかし、安倍晋三首相は、ことしメッセージを送って来ませんでした。10月30日に韓国最高裁が強制徴用工に関する判決を出したことと直接関係しているとは考えたくはありません。ただ、安倍首相がメッセージを代読する予定だった日本の関西担当大使も参加しませんでした。 少しさみしい気がしますが、韓国の大統領のメッセージだけが発表されました。主催者側から参加者に対し特に事情の説明もなかったので、毎年の参加者はことしは少し変だと思ったのではないでしょうか。 当日の天気は最高でしたし、祭りはいつもと変わらずスムーズに盛大に行われました。今回の祭りのテーマは「つないでいく、続いていく」でした。多少の困難があっても、このような民間交流を続けて行こうという意味で、私は解釈しました。今回の祭りでは、江戸時代の朝鮮専門の外交官、雨森芳洲(1668-1755)の「誠信外交」をテーマにしたと思われるミニドラマが公演され、好評を博しました。 芳洲翁の著『交隣提醒』に次の文章があります。「朝鮮交接の儀は第一に人情事勢を知り候事肝要にて候、互いに欺かず争わず真実を以て交わり候を誠信とは申し候」 当初、この祭りの行列の参加者は主に在日コリアンでした。今ではその約70%が日本人になったと、主催者側の関係者が説明してくれました。それだけ現地社会に溶け込んだ祭りになったということでしょう。 日韓の間にいくつか困難な問題があったとしても、このようなイベントがさらに活性化され、揺るぎない友好と協力の関係を作っていくことができれば、と思います。

090 나니와궁(難波宮) 터에서 열렸던 ‘사천왕사(四天王寺) 왔소’ 행사

오사카에서 한일의 민간인들이 하는 가장 큰 규모의 축제인 ‘사천왕사 왔소’ 행사가, 11월4일 나니와궁 터에서 열렸다. 1990년 오사카에 사는 재일동포 중심으로 시작된 축제가 벌써 27회가 됐다. 해마다 빼놓지 않고 열렸다면 29회인데, 2001년과 2002년은 후원자의 경제적인 사정이 있어 일시 중단되었다. 2003년부터 주최 쪽을 정비해 재개한 뒤, 지금까지 면면히 이어지고 있다. 2003년부터 재개된 행사의 가장 큰 특징은 한일…

089j ムン大統領の自伝『運命』の翻訳出版がもたらした邂逅

去る10月4日、ムン・ジェイン大統領の自伝『運命』が日本で翻訳出版されました。日本の代表的な人文学術出版社、岩波書店が出版しました。原著が2011年に発行され、1年前に中国で翻訳出版されたことを考えると、遅きに失した感は否めません。日本が最も韓国に近い隣国であり、出版大国であることからもそう思います。 最近、この本に関連して三度の邂逅がありました。一度目は10月25日、前・現職の日本の言論人を対象に「ムン・ジェイン政権の平和構想と日韓関係」について大阪で講演した時です。東京から来た前ソウル特派員の一人が私に本を見せ、「とてもいい内容だ。日本の一般市民はムン大統領をよく知らないから誤解も多い。多くの人に読んでほしい」と話していました。 二度目は10月末に日本の記者と会い、贈り物としてこの本をいただいた時です。韓国語は読んだろうが、日本で出版された韓国の大統領の本なので差し上げたいということだったので、気安くいただきました。本の帯に姜尚中東京大学名誉教授の「見果てぬ夢を叶えようとする運命の人、文在寅」という文と並んで、北朝鮮に拉致され日本に帰ってきた蓮池薫新潟産業大学准教授の文が書かれています。同准教授は「彼の人生に韓国激動の現代史が凝縮されている」としています。北朝鮮に拉致された日本人の一人である蓮池氏の言う「韓国激動の現代史」とは果たして何でしょうか。 偶然というのは時間を置いて別々に起こることも、一時に集中して起こることもあるようです。11月3日付朝日新聞の書評欄に、この翻訳書の書評が大きく掲載されました。これが私のいう三度目の邂逅です。齋藤純一早稲田大学教授(政治学)は、書評の末尾に「ムン大統領はいま、北朝鮮との信頼関係を築こうとイニシアチブを発揮しているが、『人が先』という初発の動機づけは実効的な政策として実を結ぶだろうか」とし、「任期後に書き継がれるであろう続編を待ちたい」と述べています。 この本が好調な売れ行きをみせ、日本の人々に必ずしも親近感を持たれていないムン大統領の考えと政策を知る一助になることを期待してやみません。

089 문재인 대통령의 자서전 “운명”, 일본에서 번역 출판

문재인 대통령의 자서전 “운명”이 10월4일, 일본에서 번역 출판되었다. 일본의 대표적인 인문학술 출판사인 이와나미서점이 출간했다. 2011년 펴낸 책이고, 1년 전에 중국에서도 번역 출판 된 것을 생각하면 늦은 셈이다. 더구나 일본은 한국과 가장 가까운 나라이면서 출판 대국이라는 점에서 그렇다. 최근 이 책과 관련해, 세 번의 조우를 했다. 첫번째는 10월25일 전현직 일본 언론인을 대상으로 ‘문재인 정권의 평화구상과 한일관계’에…

088j 世界津波の日に合わせて開かれた高校生サミットin和歌山

10月31日と11月1日、1泊2日の日程で和歌山市に行ってきました。国連が定めた「世界津波の日(11月5日)」に合わせて開かれた「2018高校生サミットin和歌山」に招待され参加したのです。 世界津波の日高校生サミットは、ことし3回目だそうです。日本から170人、外国から47ヵ国300人余りが参加した高校生による国際会議です。韓国からも仁川大建高等学校の生徒4人と引率の先生が参加しました。私は参加した韓国の高校生を励まし、このサミットの事実上の牽引役である二階俊博自民党幹事長などの要人とあいさつを交わしました。サミットの主催者である和歌山県の関係者らと親交を深めるよい機会にもなりました。 高校生サミットはことしで3回を数え、今回は最も参加国数が多いそうです。第1回は高知県、第2回は昨年沖縄で開かれました。第4回の開催地は北海道が有力だといわれています。すべて日本なのは、日本が主導した国際会議であり、運営資金が必要なためと思われます。ただ、’tsunami’ という言葉が世界に通用する普通名詞になるほど、日本と津波、日本と自然災害は切っても切れない関係にあり、防災の分野において日本が世界のトップにあることを考えると、しばらく日本がこのサミットをリードするのは当然のことかと思います。 11月5日が「世界津波の日*」として定められたのは次のような事情からです。1854年12月23日と24日に和歌山県有田郡広川村に連続して大地震が発生し、24日に大津波(最大16.1m)が押し寄せました。このとき、この村の実業家、濱口儀兵衛(梧陵 1820-85)は津波を察し、収穫を終えたばかりの彼の田んぼの稲束に火をつけ、住民を高台に誘導して多くの人の命を救ったといいます。彼はまた、地震後に当時最大規模の堤防造りに尽力し、88年後の1942年に再び大地震が来たとき、津波の被害を防いだそうです。この話を背景に国連は2015年、和歌山県出身の二階議員ほかの提案を受け、二回目の地震が起きた日の旧暦11月5日を新暦にして記念日としたのです。国連指定の記念日になるには魅力ある話が必要ですし、そういう事例を発掘して提示することが非常に重要だと思います。 *World Tsunami Awareness Day 世界の多くの若い人たちが集まってこのような会議をしても、災害がぱたっと減ることはないでしょう。でも、彼らが一人でも多く一日も早く、自然災害とその予防について悩むことがあれば、いささかなりともより安全な世界になるのではないでしょうか。 二日間の日程の合間をぬって、和歌山市の名物の和歌山城をしばし見学しました。

088 세계 쓰나미의 날을 맞아 열린 2018 고교생 서미트 인 와카야마

10월 31일과 11월 1일, 1박2일 일정으로 와카야마시를 다녀왔다. 유엔이 정한 ‘세계 쓰나미의 날(11월 5일)’ 을 맞아 열린 ‘2018 고교생 서미트 인 와카야마’에 초청을 받아 참석했다. 세계 쓰나미의 날 고등학생 서미트는 올해로 3회째. 일본에서 170명, 외국에서 47개 국 300여명이 참가한 큰 행사다. 한국에서도 인천대건고 학생 4명이 지도 선생님과 함께 참석했다. 나는 참가한 한국 학생을 격려하고, 이…