067j 日韓の観光交流、量から質への転換を

日韓の観光史、日韓の人的交流史において、2018年が画期的な年になることは間違いありません。1965年の日韓国交正常化当時、両国を往来した人の数は僅か約1万人でしたが、2018年は1千万人を超えることが確実視されています。 2017年は945万人が往来しました。来日した韓国人が714万人、韓国を訪れた日本人は231万人でした。2018年は双方の訪問者が増えており、日本人の増加率がより高くなっています。 両国の人的交流が増える背景に、近い・安い・短時日で往来できるという利点があります。ことしの増加要因としては、さらに南北首脳会談と米朝サミットを通じた韓半島における平和ムード醸成、安倍晋三首相とムン・ジェイン大統領の相互訪問など、トップレベルの交流再開の効果が大きいと考えられます。 二国間で1年に1千万人もの人が往き来するというのは、本当にたいへんなことです。おそらく、海を挟んだ国の間では他に例がないでしょう。ただ、日韓の人的交流には二つの残念な点があります。一つは、二国間の不均衡が大きいこと、もう一つは質より量の交流に重点を置いているということです。大阪に赴任する前から、私はこういう問題意識を持っていました。 韓国観光公社の大阪支社と大阪韓国文化院は、ことし「日韓の人的交流1千万人時代の課題」というテーマでシンポジウムを開催することにしました。純粋に「観光」という次元から過去の交流を振り返り、どうしたら双方向で均衡のある、質の高い持続可能な交流を行うことができるか模索するのがシンポジウムの開催目的です。 9月7日、そのシンポジウムが開催されました。大阪を席巻した台風の被害がまだ消えない時点だったため、残念ながら、事前に参加を予定していた人が多数欠席となりました。そんななか、日本側の発表者3人の発表ほか提案は、シンポジウムの所期の目的に合致するすばらしい内容でした。 日本の観光客を韓国に引き付けるため、ソウル・釜山・済州の三極集中から脱却を 韓国に興味関心の高い日本人の20代-30代に注目を 消費型よりも体験型の旅行商品開発を 三世代が一緒に旅行できる旅行商品開発を いずれも首肯すべき意見であり提案です。 私は冒頭の祝辞で「日韓の人的交流1千万時代を迎え、今回のシンポジウムが両国関係を「量から質に変える転換点になってほしい」と述べました。シンポジウムで交わされた話どおりに実践すれば、「量から質」へと転換する可能性は十分にあるという気がしています。

067 두 나라 관계를 ‘양에서 질로’ 바꾸는 전환점이 될 수 있을까?

올해는 ‘한일 관광’의 역사, 한일 인적 교류사에서 획기적인 해가 될 것이 분명하다. 1965년 국교 정상화 당시 양국을 왕래한 사람의 숫자가 1만명 정도에 불과했다는데, 올해는 1000만명이 넘을 것이 확실시된다. 2017년에는 945만명이 왕래를 했다. 일본에 간 한국 사람이 714만명, 한국에 온 일본인은 231만명이었다. 하지만 올해는 양쪽 모두 상대국 방문자가 늘고 있고, 일본의 증가율이 더 높다고 한다. 양국의…

066j さまざまな自然災害に襲われた大阪

ことし、大阪は本当にさまざまな自然災害に襲われています。赴任して間もない私を驚かせた6月18日の大地震、7-8月に数週間も続いた大雨、そして40度前後の猛暑です。 9月に入って暑さが少し引いた(韓国語: 頭を下げた)と思ったら、4日は終日25年ぶりに襲来した超大型台風で大阪全域が騒然としました。 オフィスのテレビで一日中被害状況を把握しながら、現地の在日コリアンと韓国人旅行者に情報を発信するのに夢中で過ごしました。雨より風が怖いと思いました。秒速50メートルにもなる風に煽られ、市内で車が横転し、大木が根こそぎ倒れることが一度や二度ではなく起こりました。公共交通機関の鉄道はもちろん、船舶と飛行機もほとんどすべて欠航しました。 総領事館も被害が出ないように前日から徹底して備えましたが、強風に窓ガラスが2枚割れる被害を受けました。人的被害がなかったのが不幸中の幸いでした。 台風の進行速度が速く、夕方には圏外に抜けましたが、関西国際空港が浸水し、タンカーが連絡橋に衝突して橋が機能停止に陥ったことが、特に韓国人観光客にとっては打撃でした。 このような状況に備え、大阪総領事館ミニ緊急体制をフル稼動し、交通情報の提供などを行っています。一日も早く航空機が運航を再開し、観光客などの不便が極小化することを切に願います。

066 올해 오사카는 정말 자연재해가 많네요

올해 오사카는 정말 이런저런 자연재해가 많네요. 6월 18일 큰 지진이 일어나 부임한 지 얼마 되지 않은 사람을 놀라게 하더니, 이어 몇 주 동안 계속된 큰비, 40도를 넘나드는 더위. 9월 들어 지긋지긋한 더위가 좀 고개를 숙이나 했더니, 4일은 하루종일 25년 만에 들이닥친 초강력 태풍으로 오사카 전역이 소연했습니다. 사무실에서 텔레비전으로 하루종일 피해 상황을 파악하면서 현지에 사는 재일동포와…

065j A Korean Diplomat in Japan

本当にありがたいことに、長年の知人である日本人の先輩、いや先輩というより兄[注: 韓国語独特の親しみを込めた呼称]が、大きなプレゼントをしてくれました。 大阪総領事として赴任後、私が Facebook で伝えている「大阪通信」と題した記事を、専用ブログ(https://ohtak.com/)にし、一目瞭然にしてくれました。編集も整い、記事にタイトルまで付け、さらに日本語の翻訳文まで読めるようにしたのです。 ブログのタイトルは英語で “A Korean diplomat in Japan”、サブタイトルは日本語で「関西地域から日韓友好関係の礎をつくる」としてくれました。在任中にやり遂げたいと、私が機会あるごとに強調している言葉で、まさに我が意を得たりです。 英語のタイトルは明治初期に日本に勤務した英国の外交官 Earnest Satow が書いた本 “A diplomat in Japan” から取ったもので、光栄この上もありません。 日本人の兄が作ってくれた専用ブログまでできたので、私の発信はそれ自体「日韓友好協力事業」になったわけです。このように気遣ってくれる日本人がいるので、より質の高い文章を書かなければ、という義務感を感じます。ブログを作ってくれた人の名前を公開するかどうか聞いていないので、匿名のままにしておきます。 このブログを大いにご愛用ください。日本語訳は韓国語記事のしばらく後に掲載されます。

065 A Korean diplomat in Japan

정말 고마운 일입니다. 저의 오랜 지인인 일본인 선배가, 아니 선배라기보다 일본인 형이 저에게 큰 선물을 해 주었습니다. 제가 오사카 총영사로 부임한 뒤 페이스북을 통해 전하고 있는 <오사카 통신>이란 제목의 글을, 전용 블로그(https://ohtak.com/)로 만들어 일목요연하게 보도록 해줬습니다. 편집도 예쁘게 해주고, 글에 제목까지, 그에 그치지 않고 일본어 번역판까지 볼 수 있게 해줬습니다. 블로그 제목은 영어로 ‘A Korean…

064j 韓国の芸術文化に対する興味の幅が広い関西地域

8月最後の日の金曜日、大阪市が誇るシンフォニーホールで、韓国のオーケストラの公演が行われました。大阪韓国文化院の開院20周年を記念し、K-Classic Concert という名のプライム・フィルハーモニー管弦楽団(指揮者、張尹城)が公演しました。 大阪文化院が、金大中 – 小渕日韓共同パートナーシップ宣言20周年を機に設立したもので、共同宣言20周年記念コンサートと呼ぶこともできます。 韓国オーケストラの公演は大阪地域ではほとんど行われていませんでした。大阪地域の報道機関、文化関係の代表者、在日コリアン、日本人など1千人を超える観客が参加し、盛況裏に公演が行われました。芸術を通じた日韓交流のよい機会でした。 公演が終わり、日本人観客も私に「すばらしい公演だった」「やはり韓国の芸術はパワーがある」と賛辞を表しました。音楽は門外漢の私も、公演を鑑賞した1人としてお世辞だけではないと感じました。 日韓の結び付きが古代から多方面に及んでいる関西地域は、韓国の芸術や文化に対する興味の幅も広いように思います。今回、レベルの高い韓国の本格的な芸術団が訪れ、花火が打ち上げられたような印象を受けました。多くの人が日常的に楽しむ大衆文化がさらに活性化するためにも、韓国の洗練された感性と美意識を示す古典芸能や本格的な芸術交流が活発にならなければならない、と思いました。

064 오사카 심포니홀에서, 한국 오케스트라의 공연

8월의 마지막 날인 지난 금요일에는 오사카시가 자랑하는 공연장인 심포니홀에서, 한국 오케스트라의 공연이 열렸습니다. 오사카 한국문화원 개원 20주년을 기념해 ‘K-Classic Concert’라는 이름으로, 프라임 필하모닉 오케스트라(지휘자, 장윤성)가 공연을 했습니다. 오사카 문화원이 김대중-오부치 한일 공동파트너십선언 20주년을 계기로 설립됐으니, 공동선언 20주년 기념 콘서트라고도 할 수 있습니다. 한국의 오케스트라 공연은 오사카 지역에는 거의 열린 적이 없었습니다. 오사카 지역의 언론사, 문화계…

063j 高麗創建1100年を記念し奈良の三美術館が連携して高麗展

今年は高麗(918-1392年)創建から1100年になる年です。私は、恥ずかしくも大阪に赴任してから、このことを知りました。 大阪市立東洋陶磁美術館が高麗建国1100年を記念して高麗青磁特別展(9.1-11.25)を準備していることを、6月にこの美術館に赴任の挨拶をしたとき初めて知ったのです。東洋陶磁美術館は、イビョンチャン・コレクションをはじめ、世界で最も貴重な韓国陶磁器の所蔵館として有名です。 高麗建国記念特別展の開催は、ここだけではありません。28日に、1978年高麗仏画特別展を通じて高麗仏画の優秀性と存在を誇示した奈良の大和文華館を訪問し、ここでも高麗金属工芸特別展(10.6-11.11)を開催するというニュースを聞きました。日本の仏教細密画研究の大家である浅野秀剛氏が館長を務めるここは、日中韓3ヵ国の美術品だけを扱う専門美術館です。 館長との話を通じて奈良の別の美術館、依水園・寧楽美術館で翡色と象眼の高麗青磁・李朝粉青沙器特別展(10.1-2.24)を開催するということ、しかも三つの美術館が連携して高麗展を開催するということを知りました。 展覧会のころに大阪地域にお越しの方、ぜひ時間をさいていただき、韓国ではなかなか見られない高麗美術の粋を楽しむのも一興かと思います。