大阪通信01-50

[韓国語の原意を尊重しつつ筆者の思いを伝える独自の翻訳を試みています。韓国語版と日本語版でタイトルが異なる場合もあります]

投稿期間: 2018年5月9日 – 7月27日

  1. 在大阪韓国総領事館、5月10-13日に移転
  2. 関西から日韓友好関係を築いていこう
  3. 日本における韓国青年の就業機会増大
  4. 近畿大学が創った新コンセプトの図書館
  5. 韓国芸術院美術展の日本特別展示
  6. 一回の投資で長く労せず「展示品外交」
  7. 民族学級の生徒たちの運動会
  8. 和歌山県庁と和歌山新報社
  9. 奈良県庁、奈良市役所、奈良新聞社
  10. 歴史的な重さに比べ管理が疎かな耳塚
  11. 関西地域こそ韓国系民族学校の本拠地
  12. 大きな流れは対立から平和に
  13. 18年上半期の企業活動支援協議会
  14. 日本における韓国語教育の先駆者、天理大学
  15. 尹東柱の詩の朗読大会とK-pop カバーダンス日本コンテスト
  16. 在日コリアン社会の維持・発展と民族教育
  17. 再び熱くなった日本の韓流: K-POPカバーダンスフェスティバル
  18. 日韓の深く長い交流のため知識・学問・学校交流が必要
  19. ギムギルホ日本の話: オテギュ大阪総領事の歓迎会
  20. 朝日新聞社説「米国頼みを脱却する時だ」
  21. 日本バレーボール協会との公共外交
  22. 外交官になって読んだ『外交外伝』
  23. 韓国総領事が訪問したのは初めて
  24. 日本語を話す大阪地域の総領事の会
  25. 震度6の大地震に襲われて
  26. 出勤してすぐ地震対応室を設置
  27. 大阪地震に関連、NHK WORLDがインタビュー
  28. 授業参観が民族学級の生徒や関係者の力になれば
  29. 同志社大学に立つ尹東柱と鄭芝溶の詩碑に見入る
  30. 地震などなかったように週末を楽しむ人々
  31. 京都精華大学のウスビ・サコ学長
  32. モーターは未来産業のコメ: 日本電産
  33. 最近の朝鮮半島情勢と日韓関係の展望
  34. 食事を共にすることは一緒に食べる人同士の「平和の宣言」
  35. 夏に来阪する韓国人観光客向けの熱中症予防に関する注意
  36. 宇治市伊勢田町ウトロ地区と尹東柱の詩碑
  37. 国際派・親韓派の滋賀県知事と歓談
  38. 田中均元外務省審議官の講演を聞く
  39. K-POPに次ぐ韓国料理の人気
  40. 天地の影響に押し流される生活
  41. オムロン本社の扁額「一花開五葉」
  42. 日本の、世界の平和のための民族学級
  43. 心温まる印象の大阪市立大学学長
  44. 米国人宣教師が設立した関西学院大学
  45. 沈當吉(初代)から沈壽官(15代)まで420年
  46. 各国公館が催す国ごとの記念行事
  47. ‘들어가지 마라’から’들어가지 마시오’
  48. 千利休と与謝野晶子を生んだ堺市
  49. 地震で延期された朝鮮半島情勢講演会の開催
  50. 朝鮮通信使に随行した外交官の雨森芳洲

To be continued to 大阪通信51-100